烏山さん 作成ページのミラーページです。

お知らせ

今年も4月27日から5月の中旬まで一時帰国を予定しています。全国各地へ伺いますのでお呼び下さい。DVDのビデオ鑑賞(ハウスオブジョイの現状)と烏山の話(報告会)をいたします。連絡は下記のメールでお願いいたします。
予定 4月27日から5月3日までは九州各地、5月4日、5日岡山 5日夕方に神戸 6日から9日頃まで関西地区、以降名古屋(5月10、11日 日本福祉大) 東京、東北等を考えています。御希望があれば早めにメールをください。




メールも待っています。ご意見やご指導もよろしくお願いいたします。

ハウスオブジョイは皆様ので支えられています。今後とも御支援をお願いいたします。

「歓びの家」(ハウスオブジョイ)

を支える会

福江カトリック教会

会  長   小島 栄  神父

事務局長   入江 哲 

里親会員(児童一名の年間援助) 年会費五万円または月々四千二百円 その他、金額問わず

口座名 「歓びの家を支える会」

郵便振替 01730-6-44320

事務局長  入江 哲

8530005 五島市末広町3-6 

問い合わせ先 п@0959-72-1823(入江)



日本福祉大学

歓迎会





愛知県にある日本福祉大学から引率の影戸先生、佐藤先生はじめ10名の学生がHouse of Joyを訪れてくれました。忙しいスケジュールの中で皆さん一生懸命に勉強したり、遊んだりしてくださいました。このページは日本福祉大学の特別ページです。

ウラワビーチ





みんな直ぐに仲良しになりました。ウラワビーチで地元の高校生と


 

お姉さんにココナッツの食べ方を教えています。久しぶりに写真中央のロセルと愛知の日本福祉大で出会って以来の再会です。日本滞在中は大変お世話になりました。




ラブラブからダンスのレッスンを受けましたが、体がついていきません(なぜフィリピンの方は踊りがこんなに上手なんでしょう?)

日本の日




この日は一日、日本の日で食事も美味しいクリームシチューとクレイプを作っていただきました。




約80人分の食事を作るのは初めてです。暑いしとっても大変でした。『ご苦労さま』




花さかじいさんの紙芝居も子供たちは食い入るように見ていました。




影戸先生も子供たちへ日本語を教えてくださりました。


 

子供たちはお姉さんたちに抱っこされたり、膝の上で眠ったりとすばらしい一時を過ごしました。


 

ビンゴでは沢山の賞品を頂きました。


 
 
学生が作ったシュチューーを一緒に食べました。




おやつにはクレープとソーセージとアイスクリームを頂きました。




美味しそうですね。ラブラブスマイル

サンイシドロ国立高校





高校でもヨサコイを披露しました。大喝采でした。




『ヤーレンソーラン ドッコイショウー、ドッコイショウー』




高校へはコンピューター4台を寄付して頂ました。。またHouse of Joyへもコンピューターやプロジェクターを頂きました。ありがとうございます。




日本福祉大のことを説明していただきました。

ダバオオリエンタル州立大学





州立大のサンイシドロ分校の学生と意見交換をしました。




マティにある州立大本校では学長をはじめ多くの学生が歓迎してくれました。




コンピューターも沢山在りました。(150台)


お別れ会





今、フィリピンで一番流行っているブンタラッタラと言う踊りも一緒に踊りました。




高校の校長先生から感謝状を頂きました。


 

お別れの歌の後には涙、涙『それぞれのナダソウソウです』

さようなら





影戸先生『ありがとうございました』

  

みんなの笑顔、笑顔、笑顔です。『また会いましょう』




『さようなら』

友情(愛)





『僕の思い出にアイディーをあげるよ』








上のハートをクリックすると詳しい内容説明があります。
ご支援、お祈りもよろしくお願いいたします


ちょっと旬なこと


トップページ