2013 Davao, Manila  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 
















目次テキスト ボックス: フィリピン研修
国際フィールドワークU
1 目的... 1

 Objectives. 1

2    We will never forget the lovely smiles which encourage our future endeavours. 2

3 PCITURES. 4

4 調査実施日程... 8

5  ACTIVITY Note ミンダナオ国際大学での英語プレゼンテーション... 9

6  者感想... 16

7現地ミーティングメモ... 44

8参加者 日記と写真... 57

 

 






 

 

 

 

1 目的

 

1.        フィリピンNGO活動を通して組織のあり方を調査する

2.        ミダナオ国際大学(Mindanao Kokusai Daigaku)での日本語ボランティア活動

3.         擁護施設ハウスオブジョイでのボランティア体験

4.         貧困の村 バイバイバトバトの訪問調査

5.         コミュニケーション言語として英語活用を体験する

 

 

 

 

 

 

 

 

1 Objectives

   To observe NGO activities in Manila

Research how to manage an NGO in the Philippines

   Take part in volunteer work in Mindanao Kokusai Daigaku by giving English Presentations

    Learn how to run an orphanage, “House of Joy“, taking into consideration philosophy, manpower and fund raising

    Research in a rural village situation, “Bai Bai Bato Bato”, from the view point of Happiness

    Recognize the importance of English communication interacting with people in the Philippines

 

 


 

2    We will never forget the lovely smiles which encourage our future endeavours

 

                                                                 

Nihon Fukushi University

Faculty of International Welfare Development 

 

                            Kuno, Nagai, Makino, Sangawa, Tsuchiya,Tsukamoto, Yamashita,

 

 

 

The Philippines, a beautiful country, where we could have an amazing experience, remains in our heart forever.  Thanks to the people who extended to us a hearty welcome, we surely had a meaningful time in Davao. We could design the new overseas fieldwork study by ourselves focusing on the following things.

 

 

   To observe NGO activities in Manila

Research how to manage an NGO in the Philippines

   Take part in volunteer work in Mindanao Kokusai Daigaku by giving English Presentations

    Learn how to run an orphanage, “House of Joy“, taking into consideration philosophy, manpower and fund raising

    Research in a rural village situation, “Bai Bai Bato Bato”, from the view point of Happiness

    Recognize the importance of English communication interacting with people in the Philippines

 

We have completed 9 days of activities based on the plan we designed.

 

    MKD, Minadanao Koukusai Daigaku, is a fabulous learning environment where Filipino students were studying hard and keeping in mind the importance of being a bridge between Japan and the Philippines. We could observe several Japanese lessons conducted by teachers and educational professions.

   We have been extending our friendship based on an international event, the Word Youth Meeting, which has been hosted by our university for over a decade and since we could welcome these friends here to our event every year.

We appreciate this occasion that we could talk in person with the President Ines Mallari and the teachers there focusing on Japanese Education and Japanese history in the Davao area after World War II.

 

USEP, University of South Eastern Philippines, is the place where our old friend LEO D. RAYON, JR-kun began working as a English lecturer, since his English competency was highly evaluated. He has been studying very hard to be a lecturer in this university while getting up early in the morning to brush up his ability every day. He was chosen as a delegate from this university to attend the WYM 2012.

 

House of Joy, we’ll never forget our fabulous time there. Observing the children’s daily lives, we could come to realize how this orphanage has been well organized from the perspectives of man-power, educational care and how to nourish good group relations among the children. The weekday program was educational and weekend program which welcomed the guests from Japan looks very enjoyable.  Going to the beach and enjoying some ball games must have been fun for them to communicate with the guests.

  We prepared some projects, called the Note Project and the Lunch Project, to enhance our relations with them. Honestly, we would like to continue to share and take part in volunteer work there. For the Note Project involved presenting a note to each child with our picture and a message on it, and write down some wish for each other. Every time they can see that note and they will notice our wishes for their happiness and health. While staying at the “House of Joy”, we are always been paying close attention to what the managers, Karasuyama-san and Sawamura-san, deliver to us. What kind of mastery is needed to carry out the organization rather than just raising money?  Express invisible love through visible actionsis their and our mission.

 According to the theory of Kolb (1984), after getting some experiences, as a next stage we should do “reflective observation”, furthermore, as a final goal, the “abstract” is needed. At the House of Joy , we experienced  volunteer work and every night we reflected on our activity plan carefully talking about what was done, finally, the discussion turns to discovering  new wisdom that can work in other fields, such as education, at other NGOs, and so on.

 

While editing this brochure, we come to find a new direction that affects our future. In the Philippines, sometimes we faced a lack of clean water or a power supply but could come to point out some elements for NGOs and human beings to live together on the same planet.

 

Last but not least, we would like to express our sincere thanks to the people and organization, JASSO, that supported this program and gave us this wonderful occasion.

 


 

3 PCITURES

 

Kansai international airport

Got the celler phone at SM Mall in Davao

MKD × NFU discussion

Japanese class  in Mindanao Kokusai Daigaku

E-Presentation about Japanese trend

Fashion-show by MKD students

Scuba Diving at talikud island

Courtesy call at USEP: with president

Note project, shared messages

Cutting pork for lunch

Making stew for lunch

Welcome party

Music party!! At mother’s house

Cream stew cooked by students

Visit to Bai Bai Bato Bato village

Meeting at HOJ’s garden with Kuro

Playing soccer at Urawa beach

Birthday party at Urawa beach

Nice time with children of  House of Joy !!!

Camp fire!

Visiting home

Wrap-up session after observation

 

 

Beautiful natural resources in Talikud island in Davao: With MKD students.

 

4 調査実施日程

日程

活動内容

 

23()

出発:名古屋関西空港(大阪)マニラダバオ

 

2/4()

AM:ダバオ到着

PMMindanao Kokusai Daigaku訪問 学生交流

 

2/5()

AMMindanao Kokusai Daigaku訪問 学長表敬訪問 授業見学

 

 

PMUniversity of Southeastern Philippines 学長、学部長表敬訪問

 

2/6()

 タリコッド島 海洋地域 観察

 

2/7()

House of Joy  www.hoj.jp 擁護施設

フィリピン政府福祉局 NGO認定番号:SB-2008-0137

 

2/8()

House of Joy

 

2/9()

House of Joy

 

2/10()

AM:マニラ−ダバオ移動

PM:フリー

 

2/11(月)

NPO法人ICAN マニラ事務所訪問 パヤタスごみ処分場訪問

 

2/12(火)

帰国:マニラ−関西空港(大阪)−名古屋

 

 


 

 

5  ACTIVITY Note ミンダナオ国際大学での英語プレゼンテーション

担当:牧野 詩音

 

プロジェクト名

英語プレゼンテーション

備考

場所

ミンダナオ国際大学

 

対象

ミンダナオ国際大学の1,2年生

日本語が必修科目。

目的

・プレゼンテーションを通して日本のことをより知ってもらうこと。

・異文化交流を通した意見交換。

ミンダナオ国際大学の学生からもいくつかプレゼンテーションあり。

全体指導

牧野

Google doxを使ってプレゼン資料を共有。

 

評価の観点

・オーディエンスとのやりとりを交えることができたか。

・相手の日本への興味を深めることができたか。

 

時間

1つのプレゼンテーションあたり10分程度。×4

 

期待できる成果

・お互いの英語・日本語学習への意欲向上。

・異文化間における意見交換による新たな発見。

 

実際の成果

次回につなぎたいこと

・向こうの学生は自分たちのプレゼンテーションに興味を持って聞いてくれた。

・もっとオリジナリティーのある、絶対に知らないであろう情報を、インタラクションを交えながらやるとなおよいと感じた。

 

 


ダンス:WAになっておどろう・風になりたい

永井 樹里飛

プロジェクト名

NFU出し物

備考

場所

ハウスオブジョイ ホール

 

期間

201327-10

 

対象

5歳〜18

 

目的

子供達と歌による伴奏、ダンス交流。それにより、子供達との壁を無くし親しみやすい環境を作り上げる。

日本の曲を使用

全体指導

「一緒にダンスをしましょう」と前もって伝えておく。

この部分は英語で。

評価の観点

手際よく展開できたか

楽器の用意について

子供達が喜んでくれたか

興味を示してくれたか

 

時間

30分程度

 

期待できる成果

自分達の共通の話の話題ができる。

 

実際の成果

次回につなぎたいこと

上手くいって良かった。その後、子供達と壁無く仲良く話すことができた。ギターを教えることもできて良かったと思う。

 

 


 

 

 

HOJでのシチュー作り       

担当:山下

 

 

プロジェクト名

HOJでのクリームシチュー作り

備考

場所

House of Joy

 

期間

2013年2月8日(金)

 

対象

スタッフと5~18歳の子どもたち

 

目的

 シチュー作りを通して子どもたちとコミュニケーションをとる。

 

時間

買い出し約30

調理約2時間

 

身につく力

仲間と協力して料理を作る力

子どもたちとコミュニケーションをとる力

 

実際の成果、次回につなぎたいこと

時間内に完成させることが出来た。

皆おいしいと言って食べてくれた。

子どもたちにクリームシチューの説明をしなかったため詳しく説明していたらなおよかった。

 

 


 

 

ノートプロジェクト

担当:土屋、塚本

プロジェクト名

ノートプロジェクト

備考

場所

House Of Joy

 

期間

2013,2/9 AM8:30~

 

対象

5~18

高校生は学校のため不在

目的

ノートに写真シールやメッセージを書いて交流し、仲を深める。また、ノートを今後の学習に使ってもらう。

質の良い日本製の

ノートを持参

事前準備

ノートの購入、顔写真シールの作成(1人40枚)

筆記用具は各自で

持参

時間

1時間弱を予定

実際は延長した

私たちの願い

・ノートの余ったところを使ってたくさん勉強して欲しい。(土屋、久野)

・このプロジェクトを通して子どもの笑顔が見たい(牧野)

・日本とフィリピンの友好を育みたい。(塚本)

・楽しく勉強してほしい。また、私たちのことを覚えていて欲し。(三川)

・自分たちとの交流を通して、人との関わりの楽しさを感じてほしい。(永井)

・1人じゃなく、みんながいることを伝えたい。(山下)

 

実際の成果、次回につなぎたいこと

・交流を通して子どもとの距離が縮まった。顔写真のシールを貼る事で、顔と名前が一致する。形に残すことで、いつでも思い出すことが出来る。

 ・年齢の小さい子にノートをあげても、今後活用してもらえるのか?何か、他の形に残るものでもいいのでは?

 

 


 

HOJでの英語プレゼンテーション・

ビーチでのサッカー大会

NW110166 久野潤平

プロジェクト名

英語プレゼンテーション・サッカー

備考

場所

House of Joy

 

期間

2013/02/07~09

 

対象

5歳から20歳まで

 

目的

英語プレゼンテーションに歌やダンスを入れて、子ども達と交流する。そして、日本の流行を教えたいため

サッカー・・ボールというツールを使って、子どもたちと交流して、笑顔にする。あと、技術指導。

ココナツ(ももいろクローバー)

女々しくて(ゴールデンボンバー)

CDは日本から持参

 サッカーボールは、House of joyの物を使う

全体指導

久野潤平

プレゼンテーションのスライドの押すタイミングや目的をみんなに共有

 

評価

英語は、あまりかたことだったが、伝えたいことは伝わった。あと、音楽の選曲は本当に最高だった。

サッカーもすごく盛り上がった。

英語力不足

英語での表現の少なさ

時間

英語プレゼンテーション・・7

サッカー・・50

 

期待できる成果

日本の流行をこれから知りたがるかもしれないことや僕が歌った音楽をたまに聞いてくれたら、時々僕を思い出すかもしれない。

サッカーをしているときに、僕を思い出してくれるかもしれない。

実際に使ったCDはその後、House of Joyに寄付

次回につなげたいこと

もっと、英語力をあげて伝えたいことをはっきりさせる。

 

ICANのプロジェクト見学

担当:三川 智衣

 

プロジェクト名

ごみ処分場に住む子供たち

備考

場所

パヤタスごみ処分場とその周辺地域

 

対象

パヤタスごみ処分場とその周辺地域の住民

おもにお母さん方や子どもたち

目的

SPNPPICO、事務所などの見学を通して、どのように住民と関わりサポートしているかを学ぶ

 

全体指導

三川

 

評価の観点

NPOと住民の関わり方についてそれぞれなりに考えられたかどうか

 

期待できる成果

・実際のプロジェクトを見学することで、具体的なイメージをつかむことができる

・「人々とともに」とはどういうことかを知ることができる

 

実際の成果

次回につなぎたいこと

住民の主体性を大切にし、サポートをするという形でプロジェクトを進めている様子がよくわかり、今後自分たちが同じ立場になったときどう住民と関わるべきか、ということを考えられるようになるとよいと思う。

 

 

 


 

「感動して、そして、どう高めるのか?知見とするのか?」

国際福祉開発学部 影戸 誠 makoto@kageto.jp

              

 

 いい研修がしてほしい。そう願い同行した。クレジットカードを学生たちは持っていない。チケット購入が私の仕事だ。目をしょぼしょぼさせながら、全員の誕生日、パスポート番号、有効期限などWEBに打ち込んだ。もっとも苦手な作業だ。海外出張中でもしなくてはならない仕事となった。途中で何回もシステムエラーが発生するというフィリピンらしいサーバーと付き合い、チェックインまでどきどきしながらの役割分担となった。

 

 学生研修でマニラ、ダバオを訪れるのはこれで3回目である。私自身10数回訪問しており、気心知れた地域である。

 

 いい体験だけでは研修とならない小学生の修学旅行ではない。感動や、体験はもちろん重要であるが、大学生の研修である。しかも国際福祉開発学部の2年生後期である。新鮮な感動、体験を持ちつつも、それらを的確に整理整頓し、普遍的な見方までにしてほしいと願った。

 HOJという擁護施設でのボランティア活動があった。明るく元気で、衣食住が保障されることの意味を感じてくれたと思った。夜な夜なミーティング開き、「だからどうなんだ」の問いを発し続けた。

 「だからそのマネジメント、スタッフの給料、運営資金、運営を支える哲学、経営方針はどう相互に作用しているんだろう」「喧嘩もなく、大きい子も小さい子も日々生活が楽しめるまでにデザインされている生活はスタッフのどんな配置で可能となっているんだろう?」「その考え方は、他のNGO組織にどのような知見、経験として伝えることのできるだろうか」「普遍的な、どこでも役立つ“知恵”とは?」「社会企業では活用できない考え方だろうか?」

 体験し、まとめ、それを自分たちの生活にまで応用していく力、それを期待した。

 彼らは、教員、世界連携企業へとやがては進んでいく、「マネジメント」「哲学」「運営資金」、ひと、金、もの そして、人を豊かにさせる人々の知恵=文化を明らかにし、学んだ時間を将来の時間の中で使っていってほしいと思う。

 そのための、データとして機能をこの、報告書に期待する。

 ミンダナオ国際大学、ハウスオブジョイの皆さんの工夫、配慮は何よりも、国際福祉に関わり生きていこうとする私たちにとっては励ましとなり、支えてくれるものであった。

Express invisible love through visible actions」を身を以て受け止めることができました。

                         心より お礼申し上げます。

 


 

6  参加者感想

言葉だけの支援者からの脱却

 三川 智衣

 

私は今回の研修では、とにかく質問することを意識していた。

本当に些細な事でも。そんな姿勢で臨んだからこそ学べたことが多かった。

 

この研修中、特に私が注目していたのは、施設(そこで働くスタッフ)と現地の人(学生やHOJのこたち、パヤタス住民など)との関わりについてだ。まず、HOJICANを訪問して感じたことについて述べる。

HOJのスタッフはみんな、創立者・烏山さんの奥さんであるアイダさん(ここの統括をしている)の尽力で組織されているそうだ。それは全員が顔見知りであるということを意味している。スタッフがお互いにどこから来ているのかということを始めから知っているということは、スタッフどうしの関係を作るという上でとても重要なことだと思う。お互いについて知る、という最初の壁がないからだ。相手を早く信頼することもできる。とくにHOJは子ども相手で、スタッフの雰囲気というのはすぐに子どもに伝わると思う。HOJがこれだけいい雰囲気の中にあるのはきっとスタッフ同士の信頼関係あってのことだろうと思った。マネージャーの澤村さんも、「おばちゃんたちへの信頼は厚い」とおっしゃっていた。全員が知り合い、というのはある意味特別な環境で、それを整えるのはとても難しいと思ったが、いかに良い人間関係と作るか、というのは施設を経営する上でとても大切なことだなと感じた。

ICANのプロジェクトでは、住民主体で行うことの大切さを感じた。あくまでもICANはサポート役で、7割が住民の力と聞いた。1日しかいられなかったがその様子は見て取れた。自ら商品を作って売るおばちゃんたちや地元のお母さんたちが当番制で運営する薬局などを見たからだ。薬局も地元の人にとって必要不可欠な存在であるらしい。地元の人がその活動をする必要性を感じ、自分たちで何とかしなければ、と思うところまで来たらあとはサポートをするだけでいいと思うし、このプロジェクトはその段階まで来ていることが分かった。しかし、この段階に来るまでに数十年かかっているらしい。苦労も聞いた。やはり、お母さんたちが自分たちの手でやるように言われたときは無理だと答えたと言っていた。自立するまでの方法を考えて実践していくところが一番難しいのではないかと思った。私はその時、自立するまでの過程や、住民の気持ちの変化なども自分の目で見てみたいと思った。

どこを訪問しても思うことが、長くその施設に関わらなくては見えないことばかりだということだ。バイバイバトバト村では、その村に長く関わっているHOJの澤村さんに対する信頼がいかに大きかということを知った。その村の見えないルールや人間関係がわかるようになるためには、そこで生活し、お酒を一緒に飲むくらいしなきゃだめだと澤村さんは言っていた。本当にそのとおりだと思った。その村の一員と認めてもらうことで、本当に自分が聞きたいことを聞き、伝えたいことが伝えられるようにもなるのだろうと思った。

 

HOJのマネージャー澤村さんと個人的にお話して考えたこと>

 澤村さんの第一印象は、すっごくキラキラした人!!!だった。それはきっと自分の好きなことを好きな場所でできていることもあるだろうし、なんでも楽しもうとするからなのだろうなと思った。過去にはHOJ以外、ブルガリアでの日本語教師などの仕事をされていたが、どこでも楽しんで仕事をしていたそうだ。どこでも楽しむ、私にとってそれは難しい。それは、たとえば困難なことに立ち向かっても、そこから楽しさを見いだす努力をすることが重要なのだと思った。その違いだと気づいた。それが自然にできるようになると人生が充実するのだろうなと思った。さらに、自分を理解する力がものすごく大切だということを教えていただいた。今の私には、自分が何をしたいか、何が許せなくて何が我慢できないか、ということがよく分かっていない。自己分析ができてこそ将来を切り開いていけるのだと知った。

 また、その時に影戸先生が指摘した「例えばゴミ山で働くこどもたちを助けたい!というのは悪くないけれど、支援者は続かないことが多い。気持ちの動き方はいいけど、続けるのには工夫や力が必要だ。我慢では続かない。思った自分に満足して終わることが多い・・。」という言葉も印象的だ。今まで人のために動くことは直接自分のためになると思っていたし、それに伴う我慢は当たり前だと思っていた。でも、結局自分がいかに楽しく笑顔で仕事が出来るか、ということが大切なのだと学んだ。継続的に仕事をするためにも、自分にとってベストな環境を選ぶことがいかに重要か、ということを知った。もちろんゴミ山付近で働くことが悪いとか、HOJで働くことがいいとかそういうことではなくて、自分がどう感じるかということだ。自分のための人生なのだから、自分のために、自分が自分でいられる仕事がしたいな、と強く思った。

 

<自分の考え方の変化(1年前の自分と比較して)>

 本当に人々が明るく生活しているフィリピンだが、やはり貧困というのはそこら中に溢れていることには変わりなかった。物乞いは多いし、自分たちがスキューバダイビングを楽しんでいると小さなボートで親子が私たちのところへ来て、アクセサリーを買ってくれ、としつこく言い寄ってこられたこともあった。私たちの船に上がり込んでくる勢いだった。

中でも私にとってとても印象的な出来事があった。ある日、私と数人で街のアイスクリームショップでアイスを食べながら雑談していた。すると、痩せた男の子が物乞いをしてきた。物乞いに対しては驚かなくなっていたけれど、その前の日もそこで物乞いをしていたのでなんとなく切ない気持ちにはなっていた。店の中には、ちょうどそのこと同じくらいの歳の子が家族で特大のアイスを頼んで写真をとって騒いでいた。その子は外からじっとその様子を見ていた。アイスが食べたかったのか、家族でワイワイするのが羨ましかったのかはわからない。ただ私は胸が締め付けられる思いがしてどうしようもなくなってしまった。それまで私は決してものをあげないと断言していたし、なぜかあげてはならないと強く自分に言い聞かせていたのに、ふと何で食べ物ぐらいあげてはならないのだろうと疑問に思った。同情がそんなにいけないことなのかと思った。そのアイス屋の店員さんに聞いてみたけれど、多くのフィリピン人がものをあげるし、お金は悪い方に使われるかもしれないけれど食べ物ぐらいならいいのではと言っていた。その後私は信じられないことにお菓子をあげてしまった。きっと一年前の私が見たら驚くのだろう。その子は夢中でお菓子を拾い集めていた。私たちの姿が見えなくなってからすごい勢いで食べていたらしい。すごく複雑な気分になった。その子は多少の空腹はしのげたかもしれない。でも、わずかに優越感に浸っている自分がいることに気付き、そんな自分が許せなかった。きっともう一生物乞いされてもものはあげないだろうと思った瞬間だった。本当に短い時間での出来事だったが、自分にとってはすごく印象的なことだった。何が私に行動を起こさせたのかは未だに分からないけれど、本当に理屈では解決できない世界だな、と思った。

同時に、本当の支援ってなんだろうと考えさせられた。そもそも支援という言葉を使っている時点で上から物を言っていることになるだろうか。きっと貧困にあえぐ人々たちは支援されることを望んでいるわけではなく、その生活が向上することのみを考えているだろう。一方的に支援者と被支援者とを区別し、少し行動を起こしたぐらいで満足しているようではいけない。それこそ、ICANが掲げている、「人々とともに」というスローガンのように、いかに住民の立場で考え、一緒に行動することが大切なのだ。といっても、今回の男の子に置き換えてみると、何をすることが、自分の満足ではなくてその男の子が物乞いをせずに済むことに繋がるかは全く分からない。澤村さんがおっしゃっていたように、自分が言葉だけの支援者・スラッカーにならないようにするためにはどんな団体と関わり、行動していけばいいのか。そんなことを延々と考え続けている。

 最後に、お世話になった影戸先生、訪問先で出会った方々、ICANの事業地を訪問するに当たり一から話を聞いて準備をしてくださった川村さん、そしてフィリピンメンバーのみんな、本当にありがとうございました。


 

どうやったらこんなに素晴らしい施設を?

久野 潤平

 

1、なぜこの研修を選んだのか?

 僕は、将来企業で働いた後、現地でNGO団体を作りたいと思っている。将来のために、まず実際の現地にあるHOJICANなどのスタッフがどのような支援をしているか?そして、ラニングコストや現地の人の給料はどれくらいかなども詳しく知りたいと思った。そして、どのような理念で働いているのかを実際に生の声を聞いてみたかった。NGOのマネジメントを知りたいと思った。またミンダナオ国際大学やUSEPの学生と触れ合うことで自分の英語会話能力や英語プレゼンテーション能力を試して、自分の現段階の英語のレベルを知りたかった!

 9日間という短い滞在ではあったが、いろいろな学校やNGOを見学したりアクティビティをしたりした。その中でいろいろ考えたことや感じたことを特に僕の印象に残った所を挙げていきたいと思う。

 

 

2 HOJとの出会い

 僕達は、34日で孤児院のHOJに滞在した。そこでの暮らしはとても豊かとは言えないが、貧しさの中に「幸せ」がそこにはあった。まず、HOJの子供達は、常に100%の笑顔だった。HOJに着いた時、早速子供達が出迎えてくれた。僕達が着いてすぐフリー時間になり、僕は子供たちに向かって「Let’s play 鬼ごっこ」とさそい、ともに動いた。すぐみんなと打ち解けることが出来た。やっぱり小さい子供たちは体を動かすことが大好きだ。それから4日間、フリーな時間は子供たちと鬼ごっこをした。日本や他の国ではこんなに早く子供たちと打ち解けることはないだろう。最初は、警戒したり話しかけても逃げてしまう子が多いと思う。しかし、HOJの子は初めて会った時から100%の笑顔だった。それはどこからくるのだろう。1日目の夜に、Welcome Partyをしてくれた。そこでアクティビティで歌を発表した。みんな盛り上がった。次に僕が用意した、「ココナツ」と「女々しくて」を発表した。みんな笑ってくれてよかった。この時に、一芸を持っているのがとても重要だと思った。海外でも通用するような芸をもっと磨いていきたいとこの時強く思った。あの時のステージから見たみんなの顔と笑い声は今も忘れていない。最後に、HOJの子供たちから歌のプレゼントがあった。その時いろんなことを考えた。HOJの子供達はそれぞれ境遇は違うが、過去にいろんな嫌なことや辛いことを受けてきた。みんな過去を受け入れて、必死に前を向いていた。ステージに上がって元気に笑顔で歌っている姿を見ていたら、自然と泣けてきた。僕はこの子供たちに今の僕の力で何をしてあげられるだろうと考えた。子供達と鬼ごっこやサッカーなどをして遊んだり、子供達の掃除を手伝ったりすることしか僕には出来ないと思った。それぐらいしか出来なくて悔しいが、それらのことを全力で子供達に恩返ししたいと思った。1日目からこんなに惹きつけられる魅力がHOJにはあった。どうやったらこんなに素晴らしい施設を作れるのだろうと思った。それは、厳しい規律の中での自由があるからだと思った。その規律を守らなかったら楽しみがなくなるというシステムが子供たちにちゃんと伝わっているからだ。

2日目は、昼食を僕達が作るというアクティビティをした。クリームシチューを作った。作るまでの過程も本当に楽しかった。みんなが学校から昼食を食べるために帰ってくる頃にはもう完成していた。クリームシチューをみんな初めて食べたので、最初の一口目は子供たちは恐る恐るだったが、その後は「おいしい、おいしい」と言ってくれた。みんなおかわりまでしてくれた。誰かのために料理をしてあんなに喜んでもらえたのは初めてだった。3日目は、午前中にノートプロジェクトというアクティビティをした。ノートに僕達の写真と僕達からのメッセージを書いた。ノートという一つのツールを使って、子供たちと会話を楽しめた。特に、ある子が僕達の似顔絵を書いてくれて、僕達をHOJ ファミリーと認めてくれたのかな?と思うととても嬉しかった。

それからウラワビーチに行って、待ちにまったサッカーをした。サッカーは僕の特技であり、僕の人生の中で一番熱くなれるあるもので、僕の人生とも言えるサッカーでどれだけ子供たちに支援というか、笑顔を届けられるかと思いながら常にプレーしていた。試合は、接戦でとても緊迫感があり、面白かった。終わった後にサッカーはやっぱりいいな、と思った。ボール1つでみんなと遊べるし、世界中のほとんどの人が知っているからだ。それから子供たちとお別れ会をした。最後の日本語の歌を僕達に歌ってくれた。その時また泣けてきた。いつも子供達に泣かされてばかりだった。たった4日間しかいないのに、僕達を家族として扱ってくれて本当に嬉しかった。僕達が元気をあげたいと思っていたが、逆にいつも元気を子供たちからもらっていた。こんな素敵な子供達を育てるHOJを凄いと思った。

この施設の理念が「見えない愛を見える行動で」で、それをいろんな形で実行している。たとえば、YouTubeに動画をアップしたりブログで子供たちの様子を伝えたり、いろんなことにチャレンジしている。何といってもほぼ毎日ブログが更新されるので、自分達が遊んだ子供達が何をしているかわかるということだ。このようなことをしているので、また戻ってくるビジターが多いのだとも自分なりに考えた。そして何よりHOJの子供達の温かさがこの施設の源になっているのだと思った。HOJに実際に行ってみて、このような素晴らしい施設が日本にはあるのか知りたくなった。そして、しっかりマネジメントのことやどのような形で運営しているかなどいろいろなことを教えてもらい本当に幸せな時を過ごし、またとても勉強になった。

 MKDの学生との交流

 MKDとは、ミンダナオ島にある大学で、毎年World Youth Meetingで交流する大学のひとつだ。日本語教育にとても力を入れている。初日は生徒達との交流会だ。最初に出てくる言葉が「こんにちは」という日本語でびっくりした。みんな簡単な自己紹介を日本語でしてくれた。プログラムはよく組まれており、MKDから、日本の四季やフィリピンの伝統の衣装をイメージしたファッションショーをしてくれた。とても盛り上がった。その次に、ムービーがあり彼らが2年生の時の「日本の伝統に触れる授業」でどのように日本をとらえているかの作品だった。、浴衣を着たり、日本の料理を作ったりしているシーンなどがあった。みんな、本当に日本が好きだなと思った。その後フィリピンのゲームをした。PINOY HENYOというゲームだ。PINOY HENYOというのは、フィリピンの天才という意味で、スクリーンに映った日本のものをみてない一人が質問して、それを見ている人がYesNoで答える。スクリーンを見てない人がスクリーンに映っているのが何なのかを当てるゲームだ。21組で日本福祉大学とMKDでペアを組みやったがペアでやるため絶対に話さなければならない。いい構成だった。次第にみんな盛り上がっていき、仲もよくなっていった。

その後に日本福祉大学から日本の紹介を英語プレゼンテーションで発表をした。質問を盛り込んだのがよかった。みんな僕達が出す質問にすぐ答えていた。とてもびっくりした。本当に日本に興味があり、同時に何か嬉しかった。僕は、「日本の同世代の流行」を紹介した。同じ世代の日本人は、何に興味あるかを、マンガ・音楽・観光スポットに焦点を当てて紹介した。質問をしっかり入れてみんなが参加出来るようなプレゼンを考えた。音楽では歌って踊れるようにCDも日本から持っていった。その結果、英語はボロボロだったかもしれないがしっかりみんなに伝わり、笑みもこぼれていた。歌もダンスも笑いを取れたので、成功したと僕は思った。

今回の英語プレゼンテーションをして、思ったことは、質問や身振り手振りつけたり音を使った参加型にし、飽きないプレゼンテーションを作るのが、海外では有効だと思った。この英語プレゼンテーションがこの研修の中で一番緊張したことかもしれない。そして、自分に自信がついたのもこのプレゼンテーションをしたからだと思う。日本福祉大学の英語プレゼンテーションが終わったからは、MKDの学生たちは清水翔太の歌をメドレーで披露してくれた。本当に日本語も上手に発音出来ていて、きれいな声で本当に完璧だった。そして、交流会は終わった。交流会を通して国の特徴を知ることができた。フィリピンの人は歌ったり踊ったりすることが本当にが好きで、それを全面的に出した本当に個性のある交流会だった。その後、ロビーさんからインタビューを受けた。フィリピンの第一印象や看護師の交換留学についてどう思うかなど、深いところまで質問された。本当に勉強熱心な子が多いという印象だった。MKDの人は、日本語をミスしてしまうことが怖くなさそうだった。だからどんどん日本語が上手くなるのだと思った。多くの日本人は、ミスしてしまうのが怖くて何も話さないから、いつまでもたっても英語が話せないのだと思った。ミスを恐れずチャレンジすることが、いつしか恥ずかしいことだと思い込むようになっているのかもしれない。僕は、そのような皮を破りたいと思った。MKDの学生との交流はとてもためになった。

 

4、NPO法人ICAN パヤタス〜フィリピン最大のごみ山〜を訪れて

 僕達は、9日目にフィリピン最大のごみ山(パヤタス)に行った。ICANとは、パヤタスや路上の子どもたちを支援している外務省認定のNPOである。車でパヤタス付近に向かったのだが、まず単純にパヤタスの大きさと車を降りた時のニオイにびっくりした。パヤタスの付近まで歩いていったのだが、ハエはたくさんいて、ゴミもちらかっていた。遠くからみるといつに崩れるか心配に見えるが、近くでみると意外としっかり固まっていた。ごみ山の上を見ると、たくさんの人がごみを拾っているのが分かった。最近は、時間シフト制で決まっていて、2000人くらいがごみ山で働いている。収入は今150ペソで、昔よりも減ってきている。以前、ごみが増えすぎたことでごみ山が崩れたりして、たくさんの犠牲者が出たので、ごみ山近くの立ち退き問題起きている。しかし立ち退きしても、国からは25000ペソしかもらえず、保証金もないという現実がある。その人達は、別のゴミ山に住むかパヤタス内で移動するしかない。社会復帰を国が援助できないのかと思った。家がゴミ山に近いほど電気は通らなくなっている。電気が通っている家に住む人の中でも、ほかの人から電気を借りていることがあるらしい。住民にとっては冷蔵庫よりも娯楽であるテレビの方が重要であるようだ。みんなで、テレビを見るのがフィリピン人の楽しみだそうだ。ICANは、ゴミ山周辺で起きている病気を治療するクリニックを週1回でやっている。さらに、ゴミ山周辺の人に知識を提供している。継続的な支援をして、いつか自分たちがいなくなってもいいように土台をしっかり作っていて素晴らしいと思った。次に、支援するSPNPで働きながらごみ山でも働いているお母さんにインタビューをした。ICANの活動に賛同することに抵抗はなかったと言っていた。ICANの最初のアプローチの仕方は、ゴミ山を頼らないようにするためSPNPで働くための訓練をする。それは難しいがやり切ると米1キロがもらえるという方法だった。素晴らしい支援の仕方だなと思った。そのお母さんの娘さんは2人ともきちんと学校に通い大学も卒業した。娘たちが自分のようにゴミ山で働いたり、学校に行ってないから自分の名前を書けないなど辛い思いしないことが今の願いと言っていた。その話を聞いて、貧しいかもしれないが家族愛があり、とてもいい家族だと思った。ICANでは、いろんな支援の仕方を現地で学んだ。とてもいい機会になった。

4、最後に

 この研修を通してまず、「幸せとは何だろう?」ということを常に考えていた。日本は裕福で平和だが、フィリピンの人に比べたら笑う回数も少ないし、仕事の時もピリピリしているイメージがある。逆にフィリピンの人は貧しいかもしれないが、常に家族と笑っていて、更に仕事中も雑談はしているが、笑いながら仕事をしているイメージがある。そのような状況を見て、「自分にとって幸せとは何だろう?」と考えてみるが、答えはまだ出ていない。日本みたいに豊かでお金を持っているのが幸せなのだろうか。逆に、フィリピンみたいに貧しくてお金がないから幸せではないのだろうか。それが違うことが今回の研修で更にはっきりした。貧しくたってみんな笑っている、HOJの子どもも、ゴミ山近くに暮らしている親や子どもも幸せそうな笑顔だった。僕にとって「幸せとはいったい何だろう??」と常に考えて、これからの人生後悔がないように生きたい。次にHOJNPO法人ICANを見てきて、どんなNGONPOのあり方が正しいのか、どのような理念でやっているのか、それぞれ違う境遇の中で、どういった支援をしているのか、今回実際現地に行って五感で感じとり、とても考えせられて自分の将来のためになった。

 HOJの澤村さんみたいに芸をたくさんもっていて現地の言葉を話せる人は即戦力であり、活躍できるということを身をもって分かった。特技を持つことの重要さが改めて分かった。僕の場合、これからもサッカーというものを特技に出来るように伸ばしていきたい。また、いつも課題にあがるのが英語力だ。英語の力がもっとあれば、もっと楽しいプレゼンテーションが出来たし、会話ももっと楽しむことができたはずだと思う。これからもずっと英語の勉強をして、勉強したことを海外で使わなければいけないと思った。恥をかいてもいいくらい、貪欲に積極的に英語を使うことが重要だと思った。今の僕のままでは、将来現地で働くことができないことが改めて分かった。今回の滞在で、悔しい思いをした。この悔しさを忘れず、もっと自分に出来ることを増やしていきたい。最後に、個人で海外に行くこともとても勉強になり、みんなで研修内容やアクティビティについて話し合ってデザインし、終わった後は反省などを共有する、というチームで動くことの大切さや楽しさをこの研修で改めて実感した。本当にフィリピン研修メンバーに感謝したい。


 

     

人のつながりを創る

土屋 珠美

<はじめに>

 私は幼少期からフィリピンと日本とののハーフの友人がいる。初めて知った日本以外の国はフィリピンであった。友人から聞くフィリピンはいつも素敵な場所で漠然とだがずっと行ってみたいなと思っていた。そんな気持ちを忘れかけ、大学に入学し講義でHOJの代表である烏山さんがゲストとして来て下さったときがあった。日本人がフィリピンで孤児院を経営されていることにとても興味が湧き、また単純に子どもたちの笑顔に惹かれ実際に会ってみたくなった。小さいころから行ってみたいと思っていた国、そして会いたいと思える子どもたちに会いたいこの両方を実現するためにこの研修を選んだ。また大学生活でまだ渡航回数が少ないので答えは出るかは分からないが2回行ったことのあるカンボジアとフィリピンそして日本を自分なりに比較してみたいと思った。

 

 訪問先ごとに自分の感じたことをまとめていきたいと思う。

MKD

 この大学では日本語教育を行っている。日本フィリピンボランティア協会が設立した大学である。2日に渡って訪問させていただいた。特に印象に残ったことがある。

 まず日本語の授業見学は三宅さんが1年生に対して教えられている日本語コミュニケーション2という科目を見学させてもらった。この科目は読解で学んだことを応用し文法ではなく会話を中心に行っているものであった。生徒たちとは日本語で授業を進めていた。日本での英語の授業は日本語で進められ質問があっても日本語でする。それとはまったく違うのだ。フィリピンでは科目に関係なく英語で進めると聞いた。この授業では日付や曜日を言うなど細かいところから英語で指導なさっていた。教科書の図を指すときも「今のところの3個右の下」というかたちで生徒たちに指導されていた。私はまずこの指導方法に驚き、教科書の内容と合わせてより日本語と触れることができるのだと感じた。この授業の終盤では日本語の文章問題を私たちNFUの学生がチェックするという機会を与えていただき学生と交流することができた。母国語である日本語なら教えることが出来ると思っていた私であったが決してそのようなことはなく、日本語から英語にすることは難しく、少しの経験ではあるが改めて人に教えるということは難しいことだし自分自身も知識が必要なことに気づかされた。MKDの学生は日本のサブカルチャーへの関心から日本語を学ぶことが多いと聞き、そんな小さなきっかけからここまで積極的に日本語を学ぶ学生たちを目の前にして私たちの母国語を学んでいる学生たちを嬉しく思うと同時に私自身の第二言語(英語)への学習への意識を考え直す機会となった。

 また学生との交流では、日本に対して深く憧れを持つ学生たちの意見を聞くことのできる機会であった。私は海外に行くたびに日本にはないものばかり見えて日本の良さを見失ってしまう。しかしここの学生たちは日本への憧れとさまざまな国の人たちにフィリピンの文化を伝えたいと言っていた。私は日本に対して誇りを持っているのかと自分に解いてみると曖昧な返答しか出来ない気がした。私自身海外への憧ればかりが強く日本としっかりと向き合っていられないことにMKDへ訪問させていただいて再認識することができた。日本のことを学んでいる学生がこのフィリピンにいることは日本人としてとても嬉しいことであった。

 

 

HOJ

 念願であったHOJへの訪問。ダバオの都市部に比べHOJは自然豊かな場所にあった。以前講義で見せていただいた通り子どもたちの笑顔は実際にもとてもまぶしく、私たちに幸せをくれた。すぐに私たちビジターの名前を覚えてくれる子どもたち。歓迎されていることすぐにわかった。1年に多くのビジターが来る孤児院など日本には存在するのだろうか?そんな環境・子どもたちを育てる事のできるこのHOJは本当に素晴らしい場所だ。きっとどのビジターも私たちと同じようにまた来たいと思える場所だろう。

 私はHOJでこのひとのためにがんばりたいと思える仕事は本当に幸せだということを学んだ。よく日本の施設で働かれている方や、自分自身がボランティアに行くと利用者さんに思い入れが強いほど辛くなる。すべての利用者さんが楽しめる、幸せになることはとても難しいことなどとお聞きしたり、自分でもサークル活動などを通して感じるときがある。しかしここでは皆が一緒に生活していることもあるが、4日間しか滞在しなかった私でさえここの子どもたちみんなに幸せになってほしいと思った。その理由は同情なんてものでは決してなく、短期間のビジターに対して心から喜んでくれた子どもたちの素敵な未来を願わないわけがない。私はこれまであまり思い入れを持たずにやっていかなければと無理やり心掛けていた部分もあったが、これからは自分の出来ることは本当に小さいのかもしれないがそのひとのために全力で努力していきたいと思った。このひとのためにがんばろうと思えることを私はこれから見つけていきたいと強く思う。

 またHOJへの滞在の最終日に1人の子どもが私たちに対してぽろっと自分の家族のことを話してくれた。なぜこのHOJで生活をしているのか聞くことができた。ここの子どもたちと過ごしているといつもなぜこの子達の親は彼らを育てることを辞めたのか?と疑問に思うときがある。それは11人さまざまな理由があり私にはどうしようもないと分かっているのだがそう感じてしまう。

HOJへ最初に来たときはまったく笑わない子、ずっと泣いている子、何の表情もない子と分かれるとお聞きした。しかしみんないつの間にか笑顔になれるHOJ。私はこの環境をうらやましく思う。血のつながった家族では決して出来ないであろうこの環境がずっと続いてほしい。どんな過去があってもだれでも笑顔になることはできるのだと実感した。

 またHOJだけではなく近くのバイバイバトバト村にも訪問させていただけた。この村は海沿いに位置し、ほとんどの住民が漁で生計を立てている。その日に稼ぐことができたらその日で使ってしまうことが当たり前ようだ。この村は多くの住民が家の外に出て、お酒を飲んだり、スポーツをしたり、おしゃべりをしたりしていた。最初は不思議な表情を浮かべて私たちを見ていたが澤村さんを通してインタビューをすると快く答えてくださった。村の子どもたちは私たちが移動するたびについてきてくれた。のんびりしていて幸せそうだなとすぐに思った。日本では今では見られない光景であった。便利=幸せというわけでは決してないのだと改めて感じた。大切な家族、友人が近くで生活していることが彼らの幸せであると聞いて、なんでも欲しがったりする私とは違うことが目に見えて分かった。これ以上の幸せは確かにないと私も思う。確かに生活していくうえでお金は必要不可欠だがそれだけでは見えないものはやはり人とのつながりだと強く感じた。

 

ICAN事業地−パヤタス

 ゴミ山があるパヤタスへの訪問では実際にそこで暮らしている家族のもとへ家庭訪問をさせていただくことができた。一番不安なことは立ち退きだとおっしゃっていた。ゴミ山が拡大していきどんどんゴミ山に近い家から立ち退きが宣告されるらしい。また再定住地はもう1つのゴミ山がある街だという。この家庭も立ち退きを宣告されたらそこに行くしかないとおっしゃっていた。この土地ならではの問題である。ゴミ山による健康被害はとても大きい。しかし立ち退きをされてからもまた同じような環境のもと暮らさなければいけないのだ。またパヤタスの住民は他の地域に暮らす人々からネガティブなイメージを持たれているそうだ。私も最初は皆がゴミ山で働き少し暗い町を想像していた。しかしそのイメージはすぐに打ち壊された。ゴミ山で働くのはこの地域の3割程度だし、街の雰囲気はとても明るかった。実際に家庭訪問先へこの町のいいところを伺ったところ、学校や仕事場が近く住みやすいと答えてくださった。

 ここではその土地にはそこにしかに問題がありそれは日々の学びだけでは解決できないことだと強く感じた。その土地の住民と強いつながりを持たなければICANのようにその土地に根付いた支援は出来ないことを学んだ。

 

<全体を通して>

 初めてのフィリピンはたくさんの出逢いがあった。フィリピンとカンボジアを比較しても今の私では大きな違いは見えないことが分かった。その土地にはそこにしかない問題があるが、今は支援している側の日本がこの国々に対してもっと学ぶべきことはたくさんあると思う。今の日本はフィリピン、カンボジアに対して貧しい国というイメージが強いであろう。しかしこれらの国の人々をもっと見てほしい。当たり前に学校に通う日本人はこの国の学生をもっと尊敬するべきだと思う。支援だけのつながりではなく人と人のつながりを創っていきたいと思った。そのために私が出来ることを見つけていきたい。日本に強い憧れを持ってくれている海外のひとたちが日本に実際に来たときにあきれてしまう日本には絶対にしたくない。

 この研修に参加でき本当に良かった。研修に関わってくださったすべての方に感謝の気持ちを伝えたい。今回の出逢いを今後もつなげていきたい。

 


 

 

 人々の「愛」          永井 樹里飛

 

 自分は2月3日から2月12日までフィリピンへ行った。目的としては発展途上国で働く団体、人々の行っている支援、国で行っている支援などを見学し発展途上国の今を学ぶためと考えている。現地で見て、聞いて、感じたこと書いてこうと思う。

 2月3日、私たちは日本を経ちマニラに向かった。今回の目的地はダバオとマニラである。3日は主に移動日だった。マニラ国際空港に着いたのがPM23:50。ここから国内便でダバオに向かった。空き時間があったため空港内のコンビニエンスストアに立ち寄った。やはり街中より物価の高い空港内においても日本と比べれば物価は安いと思われた。しかし、日本の製品は日本の倍の値段で販売されていた。ミネラルウォーターの値段に大きな差は見受けられなかった。他の飲食店でも日本食の店は日本と変わらない値段で販売されていた。国内線でダバオに向け出発するころにはすでに次の日になっていた。

 4日早朝、ダバオに到着。バンでダバオ市内のホテルに向け出発。ホテルはミンダナオ国際大学に近いマイクロテルホテルという場所に泊まった。Wi-Fi環境も悪くはなくスタッフの対応も良いものだったと感じている。午後からはミンダナオ国際大学の学生との交流会だった。交流と言っても私たちは日本福祉大学の紹介、日本の流行などをプレゼン形式で発表するというものだ。ミンダナオ国際大学の学生は日本のファッションを自分たちなりに調べそれをファッションショーのような形で披露してくれた。浴衣などの日本伝統の服装も出てきて、よく調べたな、と感心させられるばかりであった。そのあとに日本語の曲を数曲披露してくれた。ミンダナオ国際大学の学生の日本語力はとても高いものだと実感した。

 5日、この日はミンダナオ国際大学で実際に行われている授業を見学させていただくことになっていた。担当の教員は三宅一道さんだ。主に1年生が占める授業に参加させていただいたのだが、わずか1年生にも関わらずとてもレベルが高いと感じさせられた。その理由は、三宅さんはほとんど英語を喋ることなく日本語で授業を行っていたことだ。それを学生たちも理解していることに驚かせられた。とても面白いなと思ったことがある。三宅さんが手話のような手の動作で動詞の現在形、過去形、未来形などを表現していたのをよく覚えている。三宅さんの教え方もあるのか、学生たちのやる気、勉強に対する姿勢の違いが見受けられた。しかし、やはり漢字の読み書きは難しいのかひらがなが多々あった。授業後には三宅さんの運営する仕事のオフィスを見せてもらった。このオフィスでは卒業生を雇ったりしているとのこと。午後からはWYMの参加者だったレオの在学している学校、USePを表敬訪問した。学長と面会した後にレオさんが受け持つ英語のクラスの見学をした。フィリピンの母国語はタガログ語と呼ばれるもので、学校で英語を学ばせるためにクラスを設けるところもあるようだ。しかし、この学校自体の学習は医者になるための基礎学習だという。レオさんはまだ21歳で自分達と歳が1つしか変わらないのに自分のクラスを持つなどとてもすごいと感じ、そんな人と友人になれたことをとても誇りに思う。ここでもフィリピンの学生の授業に対する積極性を感じた。USePもミンダナオ国際大学もレベルの高い大学に変わりはないのだが学生の授業に取り組む姿勢がそれに応えていると感じた。

 USePを後にしミンダナオ国際大学に戻りWYMの選考会を実施。ほとんどの学生が英語で質問をすると内容を理解し日本語で答えを返してくれる。本当にフィリピンの学生にはびっくりさせられることばかりである。

そして夕食。この日は三宅さんに勧められた地元のフィリピン料理屋に行った。イカ墨でご飯を炒めたような料理が印象に残っている。

 6日、この日はタリコッド島という場所に行きスキューバーダイビングをするという予定だった。ミンダナオ国際大学の学生3人と交流も目的でホテルのロビーで合流し出発。AM10:00頃到着。やはり物乞いの人達が多く見受けられた。ものを売る人や金銭を要求してくる人も。準備を済ませ乗船。説明を受け30分後にダイビング開始。海の中は言葉を話してもわからない。そのため手話による意思疎通がメインとなる。ライセンスを持たない私たちは常にバディが付き添ってくれ、潜る場所も制限される。海の中はたくさんのキレイなサンゴや魚たちがいた。バディの人たちに引き連れられて約30分、とても貴重な体験ができた。場所を移動し、少し深い場所に。そこはライセンス持ちの人でしか潜れない場所だった。そこでは他の参加者の方といろいろな話をすることができ、ダイビング以外でも楽しむことができよい経験になった。他にはフィリピンの海の綺麗さにとても驚かされた。浅瀬の方は底が透き通って見え、海底もとてもきれいだったのをよく覚えている。しかし、ダイビングの説明でもあったように海の中には危険な生物もいることから、無暗に触るのはやめた方が良いだろう。ダイビングが終わりホテルに向かう。ホテルはダバオ市内にあるグランドリーガルホテルだ。このホテルは内装も外装もとてもきれいで、中にはカジノやプール、お土産販売店もあった。ここもWi-Fi環境はしっかりと整っており過ごしやすい場所だった。

 夕飯は後日訪問予定のHOJの運営者である澤村信哉さんの勧めで地元の料理屋にいった。ここで出された料理が日本の居酒屋のような料理でマグロの酢漬けのような料理が出てきた。中でも美味しいと感じたのは魚の部位の丸焼きだ。フィリピンで食べた料理の中で一番おいしいと感じた。しかし、このようなお店の料理の味は多くのフィリピン人が石鹸のような味がする、などと感じるらしい。

 7日朝、早めにチェックインし、HOJに向かった。HOJには現在30人前後の子供たちがいる。ここでは18歳までの子供たちの世話をしている。政府からの認可を受けている孤児院だ。認可を受けていないとさまざまな問題がある。まず第一は子供を連れてくる時に誘拐と疑われてしまうということだ。認可を受けていれば問題ないのだが、無認可だと万が一体罰を行ったとしても虐待と思われてしまう恐れがあるとのこと。認可を受けるためにはさまざまな条件を満たさなければならないらしい。スタッフの人数、給料、また、子供の基本教育についてなどいろいろな条件を満たさなければならない。PM3-4:00頃到着。数人の子供達が迎えてくれた。私たちはゲストハウスに案内され夕方頃に予定されている歓迎会の練習をした。その前までは子供達とかけっこをしたり鬼ごっこで遊んだ。HOJにくるビジターが遊びをいろいろ教えてくれるようでいくつか日本語も知っていた。夕HOJ内にあるホールで歓迎会が行われた。子供達もダンスや歌などで盛り上げてくれてとても良い歓迎会になった。子供達ともなんとなく近づけた気がした。

 28AM5:30HOJの朝はとても早い。子供達はAM4:30に起床し掃除を始める。自分達も子供達の手伝いをしようとするのだがAM5:00に起きるのが精一杯でそのころにはもう掃除も終わっているころで、自分達も寝起きで体がついていかないのは言うまでもない。AM6:00頃朝食。ここでは、HOJの創設者である烏山さんに会うこともできた。最近は体調がすぐれなかったのだが、わざわざ私達の為に赴いてくれたのだった。子供達は一足先に朝食を済ませ学校へ。私達はこの日の昼食を任されており昼食の準備に取り掛かった。クリームシチューを作る予定だったので野菜の皮を剥いたり、切ったりしていた。子供達がお昼頃帰ってくるとさっそく昼食となった。子供達はクリームシチューを見るのが初めてのようだ。何よりも子供達が喜んでくれたのが何よりもうれしいと感じた。今まで支援と言えば募金などしか自分たちにできなかったのに、こうやって現地に赴き直接何かができるというのはとても良い経験になったと思う。

同日午後、近くの村のバイバイバドバド村に訪問をした。人口は約1000人ほどでほとんどの人は漁で生計を立てているのがほとんどで朝早くに漁に行き昼前に帰ってくるというものだ。1日多い時で約1000ペソ稼げる。しかし、船を持っている人はガソリン代などで約300ペソかかってしまうのが現状だ。家庭を持っている人は1100ペソあれば養っていけると言っていた。この村の子供達の中で10人中3人は学校に行っているとのこと。学校に行ってない子は、行かなくなった子もいればお金が払えずいけなくなった子もいる。親の漁の手伝いをする子もいるようだ。この日にインタビューした方は150ペソほどの収入を得ることができたといっており、夜に漁仲間と呑み、と語っていた。このことから家庭を持っていない若い人にとって150ペソというのは大金だということがわかる。職を求めて村から出るものもいるようだ。この村の人々は英語を話せる人が少なく、ビサイヤ語と呼ばれる地方語を話す人がほとんどだった。タガログ語とビサイヤ語とは全くの別物でタガログ語が話せてもビサイヤ語は話せないという人もいるようだ。

9日、午前、ノートプロジェクトと呼ばれる企画をした。子供達に一冊づつノートを渡しコメントを書いていくというものだ。そのノートは学校でも使うことができるノートで、子供達も大変喜んでくれたようでとても嬉しかった。この日の午後はHOJが私有しているビーチのウラワビーチに行った。とても広いビーチでサッカーやバレー、バスケットをするくらいの広さがあり各々楽しんで子供たちと遊んだ。そこでレチョンと呼ばれる豚の丸焼きを調理していた。この豚は専門の絞める人がおり私達の前で調理するさまを見せてくれた。その人は主にそれを職業としているようだった。1回で500ペソほどもらえるようだ。レチョンが良く出回る時期は収入は良いらしい。その人はマンダイヤ族という集団の出身だと言っていた。これはビサイヤ語、タガログ語とは全くと言っていいほど異なっている。

ウラワビーチでレチョンを食べ、お別れ会へ。子供達からダンスや日本語の歌の出し物があり自分は感極まって泣いてしまった。たった日間だけだったのに子供達と関わっていくうちにたくさんの思い出ができてとても良い経験となった。会も終わり澤村さんが夜の海で夜光虫が見られると言っていたので夜になるまで澤村さんの友人の野口岳さんのギターの演奏を披露していただいた。夜光虫とは海に生息するプランクトンのことで、刺激を感じると光を発するとのこと。さらに、新月の日だとよく見えるらしい。自分たちが見た日も新月で海に入りかき分けて進むと光の粒のようなものがでできた。これが夜光虫だった。言葉では説明しづらいのだが写真を撮ることが困難であったため写真を載せられないことが悔やまれる。

10日朝、HOJを経つ日だ。朝はいつもより少しだけ早めに起きて子供達の掃除の手伝いをした。そして最後に思う存分遊んだ。子供達にチョコレートをプレゼントした。最後にお見送りをしてくれた子供たちの顔が印象深く記憶に残っている。

HOJを後にし、私達はダバオを離れマニラに向かった。今度の宿はRobinsonsというモールの上に立つマンションを解放したホテルとなっていた。周りには日本人観光客を狙ってか串焼きの居酒屋や焼き肉料理屋などが多数点在していた。夜の都市部とあってか治安はあまりよさそうには見えなかった。しかし、モールの上のホテルとあってか利便性としてはとても機能していると感じた。

11日、この日はICANと呼ばれる支援団体の訪問という予定だった。今回訪問させていただいたICAN事務所はパヤタスという場所にある。このパヤタスというのはフィリピンのマニラのゴミを集めて山にしたゴミ山がある。パヤタスに住む人々はこのゴミ山の敷地の拡大に伴い住む場所、家を壊され追いやられている現状にある。また、ゴミ山から流れ出ている廃水、また、空気の汚染による被害、主に肺などの呼吸器系統の病気が後を絶たない。それらが近年加速しつつあるという現状にある。ここに住む人々は主にゴミ山の中から貴金属やペットボトルなどのプラスチック容器を売ることによって生計を立てている。しかし、現在はICANなどの支援団体の介入によりこのゴミ山での仕事も制限がされるようになってきた。このゴミ山に登るのをシフト制にする、入れる人に年齢制限を設けるなど、生活はしづらくはなったが仕事はしやすくなったのではないだろうか。このようなゴミは主に政府が運営する黄色のトラックにより運ばれてくる。このゴミはリテックスと呼ばれる場所を通ってくるのだが、このリテックスと呼ばれる場所がゴミ山以外で働く人の中継地点になったり、ゴミ山で拾われてきた貴金属やプラスチック容器の売買所でもある。ある2家庭にインタビューしたのだが自分がインタビューした方のかたは、2日おきに250ペソの収入を得ることができると言っていた。この地域の最低賃金が約446ペソだそうだ。しかし、自分がインタビューした方はこれが普通だとおっしゃっていた。この方の息子さんがゴミ山の上に立てれているリサイクル工場で働いており、そこでは最低賃金を稼げると言っていた。この方はゴミ山のほかにフェアトレード商品を造っており、その収入が1200ペソだそうだ。しかし、これだけ稼いでも子供を学校に行かせるのは苦しいと言っていた。

ICANが地域の人々に呼びかけて地域団体を造りフェアトレード商品や薬局やクリニックを運営を手助けしているそうだ。また、理髪や裁縫といったような専門的な能力向上のための手助けも行っていると言っていた。職が少ないので自ら店を立ち上げるものも多いという。しかし、中には職に就こうとしないものもいるのだという。貧困は原因だけでなく結果でもある、とICANスタッフの田中さんは言っていた。

この研修を通して自分が感じたこと。それは人々の「愛」だと自分は思う。ふざけて言っているわけではないが、いろいろな場面でそう感じた。HOJでもそうだが、たった4日なのに泣くほどのいい思い出ができた。これはかけがえのない宝物なのではないかと自分は思う。パヤタスでも自分のことよりも学校に行く子供達の心配をしていた。ICANの人々のためではなく人々とともにという支援を通して福祉を学ぶためだけではなく、人の内面を深く知れた良い経験となった。

余談だが、フィリピンだけではないらしいのだがホテルのチェックインの際によく間違った部屋に通されることが多いらしい。自分達も3人部屋を予約したのに一人部屋になっていたりした。そういう時は何事も交渉だと影戸先生はいう。また、もしHOJに行きたかったら日本食や子供が好きそうな折り紙などを持っていくと大変喜ばれるそうだ。この研修報告書を読んで少しでも役に立ったら良いと思う。

 

心豊かであること

 山下 絵莉

 

はじめに

 私はHOJの創設者である烏山さんの講演がきっかけで孤児院に興味を持ち、研修への参加を決意した。1年次の研修先もフィリピンであったが、今回の活動の拠点は初めて訪問するミンダナオ島であったため、文化や言語に興味があったのも一つの理由である。フィリピンで活躍している日本人の暮らしぶりや現地の人との関わり方を見ることで、本当の支援とは何なのかをそれぞれの場所で何度も考えることが出来き、研修は期待以上に実りあるものとなった。

 

HOUSE OF JOY

HOJは認可を受けた孤児院であり、多くの訪問者や滞在者を受け入れている。HOJには 34日滞在したが、私たちのように訪問者が短期間で入れ替わるのは子どもたちにとって良いことなのだろうかという疑問を以前から抱いていた。ビサヤ語や英語に自信がなく子どもたちに直接聞けなかったのが後悔であるが、訪問者を受け入れ続けることは正当な孤児院であるということを証明する役割も果たしているらしく、ボランティアとして長期滞在している優さんは海外からわざわざ自分たちに会いに来てくれるのだから子どもたちは嬉しく思っているだろうと仰っていた。HOJの最初の印象は、スタッフや子どもたち皆が陽気で明るいということ。同時になぜこんなにも子どもたちは日々を楽しく過ごしているのだろうかと気になった。5歳〜18歳ほどの子どもが一緒に生活をしていて、なぜ皆がルールを守り互いに気を遣い合えるのだろうか。私は創立者である烏山さんを含め、スタッフと子どもたちの関係が良い影響を与えていると考える。時には親のように叱り、時には友達のように一緒に遊ぶ。そして何より、子ども一人ひとりの性格を理解して接していることが強い信頼関係を築いているのだと思う。またスタッフである澤村さんは子どもたちと遊ぶとき、音楽を多く取り入れている。歌やダンスはもちろん、音階が変わる筒の棒を使ってテコンドーをしながら曲を奏でたり、穴を開けたほうきで演奏したりしていた。このような楽しい工夫のおかげで、音楽そのものや人と一緒に音楽を奏でることの楽しみを味わうことができ、日常の生活にも活きているのではないかと思った。子どもたちは様々な理由でHOJに来る。辛い経験や悲しい経験をした子も多く、HOJに初めて来たときには皆泣いていたり無表情であったりするが、周りの子どもたちの支えがあり、自然と笑顔を見せるようになるそうだ。子どもたちはいくつもの悲しみを乗り越えてきたのだろう。笑顔は強さの表れだと思う。辛い気持ちや悲しい気持ちがふと現れることもあるだろう。そしてこれからも大変なことが多くあるかもしれない。しかしHOJでできた繋がりや思い出が子どもたちにとって強い力になるのではないだろうか。私は今回、ボランティアとして訪問したが、子どもたちから教えられることの方が多かった。そして今、スタッフの皆さんを尊敬する気持ちでいっぱいだ。これからもHOJの皆と繋がっていたいと心から思えるほど充実した日間であった。

 

ICAN

 ケソン市にあるパヤタスという地域で活動している日本のNGO団体、ICANを訪問した。訪問直前までは、ごみ山で生活するとはどのような感じなのだろうかと思い、心の準備が出来ずにいたが、想像よりも活気に溢れていて人々は明るかった。しかし、想像を超えていたことは他にもある。それはごみ山の大きさと交通量だ。ごみ山は2つあり一つは閉鎖されている。ごみを土や砂と混ぜて固めているため名前の通り山が2つあるように見えるほど大きなものであった。また、市から大量のごみが集まるためトラックが多く行き交い、排気ガスの臭いが充満していた。私達はスタッフの案内でごみ山周辺を見学し、直接住民の話を聞くことができた。訪問先の家庭は毎日三食食べられること、そして子どもたちが皆健康であることが幸せであり、立ち退きの問題にいつも不安を抱えて生活をしていると言っていた。衣食住は当たり前だと思いがちだが、大切さを忘れてはいけない。今回の訪問は二人の通訳を介して話を伺ったため、聞きたいことは聞けても、その人がどの様な感情でその言葉を発したのかまでは汲み取ることが出来なかった。その土地の言語習得の重要さを改めて感じた。他にも職業訓練を受け、美容院を運営している女性や、ボランティアで運営している薬局等を訪問したが、どの訪問先でも問題解決に積極的であったことに驚いた。住民は今あるパヤタスの問題を認識していて、自分たちの手で改善していきたいという気持ちが彼らから伝わってきた。ICANが意識している人とともにという概念がうまく浸透しているような気がした。きっとICANが事業を終えても自らの手で運営していく力は付いていると思う。以前から興味のあったごみ山周辺の健康問題については、決して良いとは言えない生活環境では常に健康被害が付きまとい、住んでいる限り薬に頼る生活になってしまう。それではいつまでも繰り返すだけではないかと思っていたが、住民の話を聞いて改めて、ここが彼らの家であり生活場所なのだと感じた。健康被害や立ち退きを気にしなくても良い所に住めないのかと思ってもそれを実現することは難しい。現地では自分の理想との差に葛藤していたが、今は、住民はそもそもパヤタスから出ることを考えていないのではないかと思っている。ごみ山との共存には多くの工夫が必要で、住民の力が不可欠である。これからも、皆が同じ目標に向かって意識を高く持ち続けてほしい。

 

終わりに

 貧困というイメージの強いフィリピン。しかし、実際に行くといつも思うことは、フィリピンの人の心はとても豊かであるということ。それは私にとって、とても魅力的なことである。研修の中で訪問した村や地域の住民は、経済的には決して豊かではない環境にあっても皆幸せそうに暮らしていた。だからと言って、お金を持っている人が貧しい心であるという訳ではないが、同じ環境にあっても心が豊かであるかどうかで人生が変わってくる。幸せとは何か。住民の中には今の生活で満足している人もいるかもしれない。しかし、今回の研修でフィリピンの人のあたたかさや明るさ、優しさに多く触れたため、変えることのできない経済的貧困や格差の問題に私自身とてももどかしさを感じる。今の自分に出来ることは何かを常に考え、行動に移していきたいと感じた。現地で活躍している日本人が現地の人に与える影響は良いものばかりであり、とても活き活きとした印象を受けた。私もいつかそのような存在になりたいと憧れの気持ちを抱いている。引率してくださった影戸先生をはじめ研修を実りのあるものにしてくれたフィリピンメンバーに感謝したい。

 


 

 

            いつのまにか子どもがすぐ近くにいた

 

塚本 彩加

【はじめに】

 私が今回フィールドワーク2でフィリピンを選んだきっかけは、ダバオにあるHOJという孤児院に行ってみたいというシンプルなものだった。1年生の時、烏山さん(HOJの創設者)のゲスト講義で聞いたお話はとても魅力的で、1度訪れてみたいと以前から考えていた。結果からいうと、今回の研修は私に想像以上の学びを与えてくれた。HOJはもちろん、他のフィールドでもさまざまなことを感じたし、発見することが出来た。主な訪問先ごとに、感じたことをまとめていく。

 

【ミンダナオ国際大学】

 MKDの訪問で感じたことが2つある。1つめは効果的なプレゼンテーションとは何かだ。MKDに着いてすぐ、交流会が行われた。MKDの学生が行ったプレゼンに、私は一気に引きつけられてしまった。自分達の活動を紹介するのに、ムービーやファッションショー、歌、ダンスなどを取り入れた発表で、分かりやすいだけでなくとても楽しかった。私達も、日本の紹介や大学の紹介のプレゼンを用意していったが、そのほとんどがPPTを使用してマイクを持って原稿を読むという、少々堅苦しいものだった。今までの自分はそれが当り前だと思っていた。授業やWYMのプレゼンで、みんなを楽しませようと思ったことはなかった。失敗しないように、原稿を暗記しようとかそういうことを意識していた気がする。したがって、今回の交流会は自分にとって刺激的だったし、今後参考にしていきたいと思った。

2つめは、日本のサブカルチャー(特に漫画やアニメ)の影響力についてだ。今まで、海外から見た日本のイメージ=漫画やアニメなのは嫌だった。日本にはもっと誇るべき文化がたくさんあるのにもったいないと感じていた。しかし、MKDで今年のWYMの参加者の面接をさせていただいた時、私の考えはガラっと変わった。MKDの学生と直接話をした時、私が「日本に来たら何をしたい?」と聞くと、多くの学生が、アニメやマンガを買いたいと答えた。また、趣味を尋ねた時も、日本のマンガを読むこと・アニメを見ることという回答が多かった。具体的には、ナルト・ワンピース・新撰組などの名前がよく挙がっていた。MKDは日本語を学ぶ学生が多いということも関係しているとは思うが、それにしてもこんなに日本のサブカルチャーが浸透していることに驚いた。中には、日本のアニメやマンガが大好きで、日本語をもっと勉強したいからMKDに入学したという学生までいた。日本に興味を持つきっかけはアニメや漫画だとしても、そこから興味が広がって、言葉や他の文化を学んでくれる人が増えるならとても良いことなので日本はこの文化を守り続けるべきだと思った。逆に、私はいまだに英語に苦手意識があるけど、MKDの学生のように海外のアニメやマンガを通して英語を学べたらとても楽しいかもしれないと感じた。

 

【ハウスオブジョイ(HOJ)】

 HOJでは4日間という短期滞在だったが、大切なことを学び、感じることが出来た。滞在中、FAMILYという言葉を何回聞いたか分からない。HOJはビジターを含め1つの家族だということが伝わってきた。

  HOJに着いた時、私は子どもたちに変な遠慮をしてしまった。孤児院というとあまり明るいイメージはなくて、私たちのようなビジターに対してどう思っているのかとか、変なことを気にしてしまい、頭ばっかり動いて、うまく話かけられずにいた。しかし、一緒に掃除をしたり、鬼ごっこをしたり、犬と遊んでいる内にいつのまにか子どもがすぐ近くにいた。あまりにも笑顔が輝いていて、ここが孤児院だということを忘れそうだった。

 歓迎会のとき、子ども達の振付つきの歌を聞いていたら自然と泣けてきた。目の前にいる子どもたちが、どんな過去を経てHOJへ来たのか考えたら胸が締め付けられる思いがした。まさか1日目で泣くなんて思っていなかったけど、まわりを見たらみんなも涙ぐんでいて、子ども達の歌声が心に響いているのだなと感じた。

 あとからスタッフに聞いた話によると、子どもたちはHOJに初めて来る時、みんな泣いたり警戒したり、無表情だったりするそうだ。それを癒すのは先にHOJにいる子ども達という話はとても印象に残っている。HOJにはツンツンした空気が全くというほどなく、温かい空気で包まれている。それは子ども達が作り出しているのだと思う。

  もちろん、HOJの空気感は子どもだけじゃなく、スタッフさんの工夫や努力があってだと思う。HOJには、ルールがたくさんあった。食事の時間に遅れると食べられなくなることがあるとか、水浴びをしないとごはんを食べられないとか、規則を破ると週末のTVタイムに参加できないなどだ。他にも、当番制でさまざまな仕事が分担されたりしているらしい。ある程度規則や個人の役割があるほうが、施設の秩序が保たれるし、スタッフと子どもという上下関係も自然とできるのだろうと感じた。また、私がすごいと思ったのはビジターの役割だ。ビジターには、「施設の透明性を明らかにする」役割があるそうだ。シンプルに言うと、年間100人以上のビジターが出たり入ったりする施設には、虐待などの事件が発生しづらいということだ。この話は自分にとって新発見だった。組織を運営していく時は、いろいろ気をつけないといけないことがあると感じた。

 

 あっという間の4日間だったが、言葉では言い表せない温かい気持ちやしあわせを、子どもたちからもらった。もしまたHOJに行く機会があったら今度は私が恩返ししたい。もしなかなか行く機会がなくても、子どもたちにもらった気持ちを他の人たちに恩送りすることはできると思うので、私も子どもたちのように、強く優しく生活していこうと思う。

 

 

ICAN

 パヤタスに訪問する前、私はとても緊張していた。多分今回の研修で一番緊張していたと思う。それは、小さい頃テレビで見た「フィリピンのゴミ山で暮らす人々」の映像がずっと頭に残っていたからだ。私のパヤタスのイメージは暗いものだったので、正直、訪れてみるまで、人々があんなに明るく生活しているとは思わなかった。

  車を降りた時1番最初に思ったのは、意外と臭くないなということだった。失礼だが、もっとゴミの腐敗臭などがするかと思っていた。そして、その次に思ったのは、そこに住んでいる人がみんな笑っているということだった。通りすがる人はみんな挨拶してくれた。おまけに、家の間を通っている時、洗濯物から洗剤のいい香りがした。ここまで来ると正直拍子抜けした。ものすごく身構えて来た自分がいたので、ほっとした気もした。

しかし、よく見るとゴミがあちこちにゴミが散乱していて、とにかくハエが多かった。そしてなによりも、想像の10倍くらい大きなゴミ山が少し離れたところに2つあった。

 始めに印象的だった話はゴミ山で働く人はグループに分けられて、ゴミを回収していい時間がシフト制で割り振られていること、収入はグループの人数で平等に割る事、ゴミ山に入っていい年齢が決まっていることだった。もっと無法地帯に近いものを想像していたので、こんなにも組織化されていると知って驚いた。また、実際ゴミ山で生計を立てている人はパヤタスの30%程度であること、ほとんどの子どもは学校に通っていることなどを知り、今まで訪れた他の村と何も変わらない生活をしていると感じた。違うのは、近くにゴミ山があるかないか、それだけなのだと感じた。(ちなみに、想像よりもゴミの臭いがしないのにも、工夫があった。ゴミを積む際に、土や酵素を混ぜたりガス抜きをしながら積んでいるそうだ。)

  しかし、そのゴミ山が人々に与える影響は大きいということも学んだ。健康被害、まわりからの差別、貧困などさまざまな問題があった。自分が深刻な課題だと思ったのは、やっぱり健康被害についてと、立ち退きについてだった。

 健康被害の対策については、パヤタスのお母さんを中心に労働組合、薬局・クリニックを立ち上げて活動していると学んだ。訪れるまでは、ICANが中心で住民はそれに従う形で活動しているのかと思っていたけど、実際は逆で、住民たちが70%くらい主体となって活動して、ICANはそのサポートや助言をしていると聞いた。住民主体で活動しているのが、パヤタスの強みだと感じた。NGOはずっと同じ場所に居続けることはできないから、いずれはいなくなってしまう。そしてそうあるべきだと思う。その時にいままで行っていた活動をいかに引き継いでいくかが大切だけど、パヤタスはそれができているから未来があると感じた。

 しかし立ち退きについては、なかなか解決が難しそうだと思った。パヤタスの住民はゴミ山の拡大が原因で立ち退きを迫られている地域が多くある。日本は、立ち退きをお願いする際、国がその土地を買い取って、人々の生活も保障してくれるが、パヤタスのあるケソン市は30000ペソ程度のお金を渡して後は面倒を見てくれないということを知った。パヤタスは、もともとマニラのスモーキーマウンテンの近くに住んでいた住民のための再定住地だったはずだ。しかし、今、パヤタスの住民が次々に新たな再定住地への立ち退きを急がされている。こんな悪循環が繰り返されていいのか。いずれその再定住地も立ち退かなければいけない日が来るのではないか。そんな未来への不安を抱えたまま、多くの人がパヤタスで暮らしていると考えると、とても辛かった。健康被害の事を考えると一刻も早くゴミ山から離れたところで生活した方がいいのだろう。いくらパヤタスの住民が薬局を開設して医薬品でゴミに対抗しても、労働組合で住民のネットワークを広げても根本的な解決にはつながらない。しかし、ゴミ山は一部の人にとっては大切な職場だ。そう考えると、どの選択が誰にとって正しいものなのか定義づけるのは難しい。私たち日本人ができることはなんなのか。ゴミを減らすことなのか、医療の技術をパヤタスの人に伝えていくことなのか、それともパヤタスに暮らす子ども達に正しい教育をしていくことなのか。長い期間をかければきっと私にもできることがあると思うので、今回の機会を無駄にしないようにしていきたいと思った。

 

【最後に】

 今回の研修を通して、幸せについて感じたことをまとめる。フィリピンに訪れるのは3回目だが、毎回フィリピンに行くと多くの笑顔や優しさに出会うことが出来る。フィリピンは一般的には開発途上国と言われているが、実際にそこで暮らしている人はとても自然体で、家族を大切にしながら生きている。貧しいというよりは、必要最低限のもので生活しているという印象が強い。

 

バイバイバトバト村と身近な環境を比較して感じた幸福感

村を訪れた時、フィリピンは貯金をしない習慣があるということを聞いた。実際に、漁で稼いだお金で、その日のうちにお酒を買うという住民がいた。今の私は、貯金がない生活なんて考えられない。村の人たちは不安を感じないのだろうか?

 しかし、村の人たちはみんなとても幸せそうに笑っていた。貯蓄も健康保険もない一見不安定な生活だが、エコな暮らしで、自給自足で、病気になったら周りの人に頼って、年を取ったら家族に面倒を見てもらいながら死ぬまで家で暮らす。それのどこが「貧困」なのか全く分からなくなってしまった。むしろ、子どもから大人までニコニコしていて、とても幸せそうに見えた。

私は日本に帰国して、母親に聞いてみた。「年を取った後、子ども達の家族と一緒に暮らしたい?それとも施設に入りたい?」と。そうしたら、自分の予想とは反する意外な答えが返ってきたのである。「夫婦でのんびり家で暮らすか、施設に入りたい。子どもの家族と一緒に暮らすのはできれば嫌だ」という答えだった。その理由は、他人と暮らすと気を使うし、今まで子ども中心の生活だったから老後は自由きままに暮らしたいというものだった。日本には、年金制度があるから例え年をとってもなんとか人に頼らず生活していくだけのお金はみんなが持っている。では、わたしたちが訪れたバイバイバトバト村はどうなのだろうか、と考えた。きっと、村のお年寄りには貯金がない。子どもに頼って生きていくという選択肢しかないのだと思った。わたしは今まで、日本のような核家族よりもフィリピンのような大家族の方が、きっと幸せなのだろうと勝手に思っていたけど、それは違うかもしれない。影戸先生が、研修中におっしゃっていた「求めるものによって、幸福感は変わる」という言葉がまさしく当てはまると思う。よく、「幸せって何だろう?」という疑問を抱くことがあるけど、きっとその答えはいつになっても見つからないと思う。本当に、幸せの基準は人それぞれなんだなあとつくづく感じた。

 

 

 


 

 

人のつながりを創る

土屋 珠美

<はじめに>

 私は幼少期からフィリピンと日本とののハーフの友人がいる。初めて知った日本以外の国はフィリピンであった。友人から聞くフィリピンはいつも素敵な場所で漠然とだがずっと行ってみたいなと思っていた。そんな気持ちを忘れかけ、大学に入学し講義でHOJの代表である烏山さんがゲストとして来て下さったときがあった。日本人がフィリピンで孤児院を経営されていることにとても興味が湧き、また単純に子どもたちの笑顔に惹かれ実際に会ってみたくなった。小さいころから行ってみたいと思っていた国、そして会いたいと思える子どもたちに会いたいこの両方を実現するためにこの研修を選んだ。また大学生活でまだ渡航回数が少ないので答えは出るかは分からないが2回行ったことのあるカンボジアとフィリピンそして日本を自分なりに比較してみたいと思った。

 

 訪問先ごとに自分の感じたことをまとめていきたいと思う。

MKD

 この大学では日本語教育を行っている。日本フィリピンボランティア協会が設立した大学である。2日に渡って訪問させていただいた。特に印象に残ったことがある。

 まず日本語の授業見学は三宅さんが1年生に対して教えられている日本語コミュニケーション2という科目を見学させてもらった。この科目は読解で学んだことを応用し文法ではなく会話を中心に行っているものであった。生徒たちとは日本語で授業を進めていた。日本での英語の授業は日本語で進められ質問があっても日本語でする。それとはまったく違うのだ。フィリピンでは科目に関係なく英語で進めると聞いた。この授業では日付や曜日を言うなど細かいところから英語で指導なさっていた。教科書の図を指すときも「今のところの3個右の下」というかたちで生徒たちに指導されていた。私はまずこの指導方法に驚き、教科書の内容と合わせてより日本語と触れることができるのだと感じた。この授業の終盤では日本語の文章問題を私たちNFUの学生がチェックするという機会を与えていただき学生と交流することができた。母国語である日本語なら教えることが出来ると思っていた私であったが決してそのようなことはなく、日本語から英語にすることは難しく、少しの経験ではあるが改めて人に教えるということは難しいことだし自分自身も知識が必要なことに気づかされた。MKDの学生は日本のサブカルチャーへの関心から日本語を学ぶことが多いと聞き、そんな小さなきっかけからここまで積極的に日本語を学ぶ学生たちを目の前にして私たちの母国語を学んでいる学生たちを嬉しく思うと同時に私自身の第二言語(英語)への学習への意識を考え直す機会となった。

 また学生との交流では、日本に対して深く憧れを持つ学生たちの意見を聞くことのできる機会であった。私は海外に行くたびに日本にはないものばかり見えて日本の良さを見失ってしまう。しかしここの学生たちは日本への憧れとさまざまな国の人たちにフィリピンの文化を伝えたいと言っていた。私は日本に対して誇りを持っているのかと自分に解いてみると曖昧な返答しか出来ない気がした。私自身海外への憧ればかりが強く日本としっかりと向き合っていられないことにMKDへ訪問させていただいて再認識することができた。日本のことを学んでいる学生がこのフィリピンにいることは日本人としてとても嬉しいことであった。

 

 

HOJ

 念願であったHOJへの訪問。ダバオの都市部に比べHOJは自然豊かな場所にあった。以前講義で見せていただいた通り子どもたちの笑顔は実際にもとてもまぶしく、私たちに幸せをくれた。すぐに私たちビジターの名前を覚えてくれる子どもたち。歓迎されていることすぐにわかった。1年に多くのビジターが来る孤児院など日本には存在するのだろうか?そんな環境・子どもたちを育てる事のできるこのHOJは本当に素晴らしい場所だ。きっとどのビジターも私たちと同じようにまた来たいと思える場所だろう。

 私はHOJでこのひとのためにがんばりたいと思える仕事は本当に幸せだということを学んだ。よく日本の施設で働かれている方や、自分自身がボランティアに行くと利用者さんに思い入れが強いほど辛くなる。すべての利用者さんが楽しめる、幸せになることはとても難しいことなどとお聞きしたり、自分でもサークル活動などを通して感じるときがある。しかしここでは皆が一緒に生活していることもあるが、4日間しか滞在しなかった私でさえここの子どもたちみんなに幸せになってほしいと思った。その理由は同情なんてものでは決してなく、短期間のビジターに対して心から喜んでくれた子どもたちの素敵な未来を願わないわけがない。私はこれまであまり思い入れを持たずにやっていかなければと無理やり心掛けていた部分もあったが、これからは自分の出来ることは本当に小さいのかもしれないがそのひとのために全力で努力していきたいと思った。このひとのためにがんばろうと思えることを私はこれから見つけていきたいと強く思う。

 またHOJへの滞在の最終日に1人の子どもが私たちに対してぽろっと自分の家族のことを話してくれた。なぜこのHOJで生活をしているのか聞くことができた。ここの子どもたちと過ごしているといつもなぜこの子達の親は彼らを育てることを辞めたのか?と疑問に思うときがある。それは11人さまざまな理由があり私にはどうしようもないと分かっているのだがそう感じてしまう。HOJへ最初に来たときはまったく笑わない子、ずっと泣いている子、何の表情もない子と分かれるとお聞きした。しかしみんないつの間にか笑顔になれるHOJ。私はこの環境をうらやましく思う。血のつながった家族では決して出来ないであろうこの環境がずっと続いてほしい。どんな過去があってもだれでも笑顔になることはできるのだと実感した。

 またHOJだけではなく近くのバイバイバトバト村にも訪問させていただけた。この村は海沿いに位置し、ほとんどの住民が漁で生計を立てている。その日に稼ぐことができたらその日で使ってしまうことが当たり前ようだ。この村は多くの住民が家の外に出て、お酒を飲んだり、スポーツをしたり、おしゃべりをしたりしていた。最初は不思議な表情を浮かべて私たちを見ていたが澤村さんを通してインタビューをすると快く答えてくださった。村の子どもたちは私たちが移動するたびについてきてくれた。のんびりしていて幸せそうだなとすぐに思った。日本では今では見られない光景であった。便利=幸せというわけでは決してないのだと改めて感じた。大切な家族、友人が近くで生活していることが彼らの幸せであると聞いて、なんでも欲しがったりする私とは違うことが目に見えて分かった。これ以上の幸せは確かにないと私も思う。確かに生活していくうえでお金は必要不可欠だがそれだけでは見えないものはやはり人とのつながりだと強く感じた。

 

ICAN事業地−パヤタス

 ゴミ山があるパヤタスへの訪問では実際にそこで暮らしている家族のもとへ家庭訪問をさせていただくことができた。一番不安なことは立ち退きだとおっしゃっていた。ゴミ山が拡大していきどんどんゴミ山に近い家から立ち退きが宣告されるらしい。また再定住地はもう1つのゴミ山がある街だという。この家庭も立ち退きを宣告されたらそこに行くしかないとおっしゃっていた。この土地ならではの問題である。ゴミ山による健康被害はとても大きい。しかし立ち退きをされてからもまた同じような環境のもと暮らさなければいけないのだ。またパヤタスの住民は他の地域に暮らす人々からネガティブなイメージを持たれているそうだ。私も最初は皆がゴミ山で働き少し暗い町を想像していた。しかしそのイメージはすぐに打ち壊された。ゴミ山で働くのはこの地域の3割程度だし、街の雰囲気はとても明るかった。実際に家庭訪問先へこの町のいいところを伺ったところ、学校や仕事場が近く住みやすいと答えてくださった。

 ここではその土地にはそこにしかに問題がありそれは日々の学びだけでは解決できないことだと強く感じた。その土地の住民と強いつながりを持たなければICANのようにその土地に根付いた支援は出来ないことを学んだ。

 

<全体を通して>

 初めてのフィリピンはたくさんの出逢いがあった。フィリピンとカンボジアを比較しても今の私では大きな違いは見えないことが分かった。その土地にはそこにしかない問題があるが、今は支援している側の日本がこの国々に対してもっと学ぶべきことはたくさんあると思う。今の日本はフィリピン、カンボジアに対して貧しい国というイメージが強いであろう。しかしこれらの国の人々をもっと見てほしい。当たり前に学校に通う日本人はこの国の学生をもっと尊敬するべきだと思う。支援だけのつながりではなく人と人のつながりを創っていきたいと思った。そのために私が出来ることを見つけていきたい。日本に強い憧れを持ってくれている海外のひとたちが日本に実際に来たときにあきれてしまう日本には絶対にしたくない。

 この研修に参加でき本当に良かった。研修に関わってくださったすべての方に感謝の気持ちを伝えたい。今回の出逢いを今後もつなげていきたい。

 


 

世界中の人が同じレベルでの幸せ感を

                                                                                                        牧野 詩音

 

はじめに

 私がこの研修を選んだ動機として、1,2年次に行われたアジアの学生を中心にして開かれた国際プレゼンテーション大会の影響が大きくあった。その中にはフィリピンからの学生も数名参加しており、彼らと話すうちに、フィリピンの人の明るく前向きな国民性に惹かれていった。また、既に2度フィリピンへの渡航経験のある友人からフィリピンの素晴らしさを聞いていたこともあり、ぜひ行ってみたいと思った。またフィリピンはアジアの中でもなまりの少ない英語を話すと聞いていたので、留学を考えている自分としては絶好の英語学習の機会だと思ったことも理由の一つだ。今日本に戻ってきて、今回のフィリピン研修は自分の望んでいた以上に学び多いものであり、自分を大きく成長させてくれたと感じる。

 

街中での体験

フィリピンの人たちの明るく前向きな姿があるその反面、貧富の格差が目に見えてわかった。私は滞在中、ホテルの近くのアイスクリーク店でメンバー数人とアイスクリームと食べながら他愛もない話をしていた。そのアイスクリーム店はガラス張りになっており、外から中の様子を見ることができた。まず気になったことは、そのアイスクリーム店の周辺には物乞いをする子供たちが何人かおり、アイスクリーム店に出入りする人たちに物乞いをしていたことだ。私たちも物乞いをされたが、そこで驚きとともに自分に対して恐ろしくなったことは、自分の中に、フィリピンにおける物乞いは当たり前のことで、そのことに対して特に何も感じなくなってきている自分がいたことだ。そのアイスクリーム店の店員さんに、思い切って聞いてみた。「フィリピンの人は物乞いをするストリートチルドレンのことをどう思っているのか」その男性店員の方は「フィリピンには、困っている人がいたら手を差し伸べる文化が根強くあり、物乞いをする子供たちに対しても、物をあげる。アイスクリーム店に来るお客さんもあげている。」と答えた。その話す口調や雰囲気から、フィリピンの人にとっては物乞いをするストリートチルドレンは日常的な風景であり、私たちが考えているほど重要な問題として認識されてはいないのだと知った。そして何よりも私に衝撃をあたえたことは、物乞いをしていた男の子がガラス越しに、大きなアイスクリームを囲む幸せそうな家族をじっと見ていたことだ。その男の子が何を思ってその様子を見ていたのかはわからないが、私は胸がしめつけられる思いだった。私たちはみんな、物乞いをされても絶対にあげるべきではないという気持ちを持っていた。彼らの生活に責任を持てないからだ。しかし、その男の子の様子を見て、お金ならまだしも、自分の持っているちょっとしたものや食べ物をあげない理由も分からなくなった上、「あげたらどんな反応をするのだろう」という興味・好奇心も芽生えた。そしてメンバーの一人があげた。グミ4つだ。その瞬間の男の子の表情を私は今でも忘れない。喜ぶでもなく、悲しむでもなく、無表情だった。ただおなかが減って、食べるものがなくてつらくて物乞いをしていたわけではないのかなと思った。機械的のようにも見えたし、感情がないのだろうかとさえ思った。私たちの姿が遠ざかると、男の子はむさぼるようにグミを食べていた。私はもはや彼を直視することができなかった。大げさかもしれないけれど、私たち自身がフィリピンの貧困を助長する歯車となってしまったと気付いた。私たちができるほんとうの支援とは何なのかを考えさせられたし、私自身の中での「リアルな体験」として学んだことは大きかった。

 

House of Joyでの4日間

 私がこの研修の中で最も印象深く残っていることは、HOJで過ごした4日間だ。HOJの子供たちの存在がこんなにも私の中に残り、こんなにも私に影響を与えるなんて想像もしていなかった。まず驚いたことは、私のイメージしていた孤児院とはかけ離れたHOJの明るい雰囲気だった。子供たちは明るく、人懐っこく、初対面の私たちに笑顔で駆け寄ってきてくれた。ほんとに孤児なの?とさえ思った。しかし、HOJのスタッフである澤村さんに、子供たちは最初はどんな様子でHOJにくるのかと尋ねたところ、泣きながらだったり、警戒しながらだったり、無表情だったりと、笑顔でくる子は一人もいないそうだ。けれどもそういった子たちもすぐに打ちとけ合い、馴染めるようになるそうだ。それは、澤村さんたちスタッフがどうこうするわけではなく、子供たち自身が新しい仲間を迎え入れる雰囲気を自然に作っているとのことだった。それを聞いて、子供たちの明るく可愛い笑顔の裏側には、私たちが想像もできないような、今の日本では考えられないような背景があるのだと感じたし、子供一人が抱えるには大きく、重すぎる現実だと思った。だからこそ、HOJの活動はすごく意味のあるものだと実感したし子供たちの未来に与える影響は大きいと感じた。また、澤村さんから学ぶことは多かった。私は、何か物事を見たり考えたりするとき必ず自分の価値観からそれをとらえてしまう。そして、その考えはズレている、何か違うよな、偏った見方をしてしまう自分が常にいた。だから、強い芯がありながら柔軟な思考と創造力、そして多くの芸を持つ澤村さんはほんとうに素敵な方だと思ったと同時に、何か目に見えてできることがあるっていいなと思った。これからは新鮮な気持ちで物事を見ていくことにチャレンジしようと思った。

 子供たちと関わっていく中で子供たちからほんとうに大切なことを教わった。それは、幸せは自分の身近にある、幸せは自分の周りに溢れているということだ。理屈じゃなくて、笑顔のある人生ならもはやそれだけで幸せなんじゃないかと思った。一番不幸なのは、自分が幸せだと気付けないことなのだと知った。本当の意味でそのことに気付かせてくれた子供たちに本当に感謝している。子供たちにとって私は大勢のビジターのなかの一人かもしれないが、私たちの訪問が彼らの子供時代の楽しい記憶として残り、将来の力の源、糧となってくれることを願っている。

(ちなみに、HOJのブログからAmazonで買い物をすると売り上げの4~5%HOJに寄付されるとのこと。Amazonで何か買うときはぜひHOJブログを通しての利用をご検討ください!)

 

NGO団体 ICANの活動から

 パヤタスにあるごみ処理場周辺で暮らす人々の生活の様子を見、そこで活動するNGO団体ICANを訪問を行った。パヤタスに足を踏み入れて感じたことは、なんて明るく、活気があるのだということだ。自分が想像していた雰囲気とのギャップにほんとうに驚いた。店が並んでおり、子供たちがかけまわっていて、音楽も流れていた。調査を進めていく中で、現地の人と直接話をする機会が何度かあったが、やはり言葉の壁は大きいと感じた。直接話さないと聞けないことや伝わらない思いがあったけれどうまく伝えられなかった。国際理解への第一歩はまずは自分の勉強からだと身を以て知ることができた。

 ICANはほとんど住民のサポートという位置づけになっており、パヤタスに住む人たちが主体となって地域の組織運営にあたっていた。パヤタスに住む人の多くが自分たちの置かれている状況を認識し、問題解決への意欲が高い人が多かった。そういったこともあり、家庭訪問の際は、私たちのような外国からの訪問者に対しても熱心に話をしてくださった。私たちのような突然の訪問者を不快に思わないか気になっていたこともあり、住民とICANの関係づくりがしっかりとしたものであるからこそ叶った訪問だったと思った。また、ICANの活動は、自分たちの手で、ごみ山に頼らない生活をしたいという住民のニーズにあった支援の仕方だと思った。ICANが行っている活動の中心は健康・衛生に関する支援と教育だ。ごみ山の近くで生活する人たちにとっては大切な支援のひとつだと思う。しかし、健康を害したら、それに対する薬で対処する・・・という今のやり方で果たしてよいのだろうか。それでは限界があると感じた。健康のことを考えるなら、ごみ山をなくすか住民が別の場所に住むか、だ。しかしそうすると彼らは生活できなくなってしまう。となると、やはり現段階では薬で対処していくしかないのかと、民間レベルでできることの限界も目の当たりにするとともに、もっと大きい機関への働きかけも重要になってくるのだと思った。

 

まとめ

今回の研修で、私の中で浮かんできた大きなテーマがある。それは「幸せって何だろう」ということだ。HOJの子供たちに関しても、HOJ滞在中に訪れたバイバイバトバト村の人たちに関しても、パヤタスに住む人たちに関しても私から見れば、満ち足りた生活・・・とは言えなかったが、彼らの顔には笑顔があった。なにが彼らをそうさせるのかと思った。私が考えた答えは、「求めるものがそばにあるから」だ。家族がいてくれる、愛情を注いでくれる人がいる、ただそれだけなのだと知った。そして彼らは、それが自分たちにとっての幸せだと分かっているのだ。これは、実際にフィリピンに行って、人々と触れ合わないと分からなかったことだと思ったしこのことに気付けた学びは自分にとってほんとうに大きい。

また、フィリピンの行って感じたことは、家族や地域といった人とのつながりが強いということである。家族をとても大切にしており、休日も家族と過ごす人が多く、祖父母の老後の面倒は家族が見る、という。また地域コミュニティのつながりが強く、そのことが自分たちの安全を守ることにつながっているという。では、日本ではどうだろう。毎日のように、母親が子供を虐待していたとか、孫が祖母を殺したとか、そういったニュースが流れている。隣にだれが住んでいるかもわからない、赤ちゃんが大声で泣いていても無関心。フィリピンの人々の生活を見たからこそ、こういった日本の現状を改めてふりかえるとすごく寂しくなる。日本において病気になった祖父母の面倒を家でみている世帯はどのくらいあるのだろう。多くの人は彼らを施設や病院に託す。理由は?面倒を見る金銭的余裕がない、自分の仕事が忙しい、自分たちが生きるので精一杯などいろいろあると思う。しかしそんな現状はフィリピンも同じだと思う。でも、決定的な違いはフィリピンの人々は家族の幸せを何よりも望んでおり、愛情にあふれている、ということだ。施設や設備ははるかに整っている日本であるが、フィリピンで見た「福祉」のあり方に見習うことは多くあると感じたし、スウェーデンをはじめとする北欧のような福祉国家になりきれない理由の一つもそういったところにあるのではないかと感じた。フィリピンの人たちの生活をみて、私も含め、もっと多くの日本人に自分たちの身近にある幸せに気付いてほしいと思った。

 

最後に

今回は私にとって初めてのフィリピンだった。今回の研修ではフィリピンの人の前向きで明るい国民性を実感することができた。その明るい国民性それ自体がフィリピンの様々な問題を支えているようにも思えた。決して経済的に豊かとは言えないけれど、多くの人が幸せそうだった。求めるものによって幸せ感は変わる、と影戸先生おっしゃっていた。ああ、そうかと気付かされた。お金があれば幸せという人もいれば、家族がいれば幸せという人もいるだろうし、ご飯が食べられれば幸せという人もいる。気付きそうなことなのにどうして今まで分からなかったのかと思った。自分は自分なりに満たされた環境で生きてきたのだと気付いたしそれと同時に、支援の在り方やそもそもの支援の必要性自体を考えさせられた。今回の研修は私にとってほんとうに学び多いものだった。フィリピン研修を通して、いつかは世界中の人が同じレベルでの幸せ感を感じられるようになれればいいなと思ったし、そのために自分ができることを、遠回りでもいいからやっていこうと思った。私を成長させてくれたフィリピンに感謝!

 

 


 

 

7現地ミーティングメモ

 

2月3日()

久野 潤平

 

11:40 近鉄名古屋 出発

16:30 関西国際空港 到着

20:40 関西国際空港 離陸

23:50 マニラ国際空港 到着

 

<一日を通して>

 今日は、移動日だった。みんな最後のほうは疲れていた。この後、ダバオまで乗り継ぎがある。チケットの手続きなど、影戸先生に頼りすぎなので、自分達でもどんどんチャレンジしてこう。もっと、英語を使うことをみんなで確認しあった。あと、体調管理はしっかりすること!!明日からの研修を充実なものにしたい!!

 

 

 

24()

塚本 彩加

 

11:00 SMモールで換金、お昼ごはん

12:40 ミンダナオ国際大学訪問

13:00 交流会開始(PINOYNENYO、ファッションショー、双方のプレゼン)

15:10 インタビュー&質疑応答

19:00 スペイン料理やで夕食

 

 

 

<三宅さんと武藤さんに聞いたお話>

Q1、先生方の給料

A1、20000ペソ/月 日本円で40000円弱。ちなみに日本の高校の先生は20万円/月

   ちなみに、学費は雑費込で年間10万円。公立高校だと5万円程度

 

Q2、教育方法で工夫していること

A2、武藤さん:(英語が苦手なこともあり)あえて積極的に日本語で授業を行う。初級のクラスから直接法で指導している。

三宅さん:もともと音楽を通してMKDに関わり始めたこともあって、授業で歌を使う。文法を簡単に覚えられる歌を作ったり、リズムに乗せて覚えたりする。

 

Q3、学生の就職先

A3、卒業してダバオの日系企業で働くのは厳しい状況。ダバオには日系企業が10社くらいしかないので、人の流れを作っていくのがMKDのこれからの課題。そのために、企業育成学科を設立した。

 

Q4、卒業率

A4、5060% 学費や家庭の事情、妊娠、日本語への興味の薄れなどが原因

Q5、日本との関係で望むこと

A5、@語学を学ぶと、その国の経済や政治、文化を知ることが出来る。今、学生の半数以上は日本のサブカルチャーに興味があり、日本語を勉強し始めるが、それが将来の仕事に繋がっていけばいい。Aもっと多くの学生にMKDに来てもらい、大学を大きくしたい。B日本人がフィリピンにたくさん来て、日本の良いところをフィリピンに広めてほしい。

 

ここからは余談ですが、今、日本の経済は停滞している。それに加えて、労働力層の減少、高額な人件費などの問題がある。そんな中、多くの企業が海外に進出している。(労働力は多いし、人件費は安い)。日系企業が海外に進出するときに壁となるのは日本語。だからこそ日本語教育はこれからの日本にとっても重要。

 今までは、日本語を勉強したいから学ぶというスタンスの外国人が多かったのに対して、これからは日本の方から、日本語を勉強して日系企業で働いてくれる人材を求める時代となる。そんな中、これから日本語に対する価値観は変わっていくのではないかというお話を聞いた。

 

Q6、どういう過程でMKDの先生になったのか

A6、三宅さん:2001年にフィリピンの日系人会でボランティアを始めた。日本語の歌に合わせてギターで伴奏などをしていた。

2003年に、MKDの非常勤で働き始め、翻訳や通訳をしていた。3〜4年かけて、実用的に英語を身につけた。

2006年からMKDの常勤として働いている。

 

Q7、日本以外の国との関わりはあるのか

A7、主に交流があるのは日本。学生の中には韓国出身やアメリカ出身もいる。

 

Q8、なぜ安い賃金でも働けるのか

A8、面白いから。でも生活は大変なので副業とかけもちしている。

 

<一日を通して>

・MKDの学生と自分たちの語学力の差を感じた。

・MKDの学生は想像していたよりも勉強熱心だった。

・退学の理由に、日本語に興味がなくなったというのがあって驚いた。

・ダバオもマニラも貧困の格差などの面で差があるのは変わらない。

 

 

 

 

25() 

土屋 珠美

 

 9:30 ロビー集合

 9:50 MKD表敬訪問

10:00 MKD学内見学

10:35 USeP授業見学(日本語コミュニケーション2

12:20 昼食

13:30  USeP表敬訪問

14:00 授業見学

15:15 ロビンソンにて換金

16:00 WYM参加希望者との交流(MKD

19:00 夕食(MKDスタッフ、レオさん、澤村さん、ドドンさん、村井さんと共に)

21:30 ミーティング

 

<訪問先の訪問内容と感じたこと>

MKDでの日本語授業

 三宅さんが受け持つ1年生の「日本語コミュニケーション2」という授業を見学させていただいた。この科目は日本語の読解の授業の応用クラスであるため、会話と書き取りが中心の授業であり、三宅さんも日本語で授業を進めていらっしゃった。

 授業内容はまず日付の英語変換、宿題の確認をホワイトボードに生徒が書き確認、絵を使った日本語の表現方法、最後に問題を解いた後NFUの生徒と答え合わせと交流をして終了した。生徒たちは積極的に日本語を声に出し、また三宅さんもその機会をたくさん提供されていた。手を使って生徒たちに過去形、現在形を教えたり、絵の例はお酒を飲む”“煙草を吸うなど日本ではあまり見ないものだった。

感じたこと−

 ・日本語の教科書は私たちが使用する英語の教科書と作りに違いはないのになぜこんなに語学の習得に差があるのか?

 日本語を使う機会を多くとっている

  英語をすでに習得しているので次の言語を学ぶことに抵抗がない

・手を使った授業を始めて見たので驚いた

 

 

 

 

 

USEPでの授業見学

レオさんが1年生に授業をする今回はリサーチをテーマにした授業を見学させていただいた。まずレオさんから学生たちにリサーチによりもたらされること、なぜリサーチをするかなどの問いかけをし、その後グループワークを行ない、それぞれ発表というかたちだいった。授業はすべて英語で行われていた。最後の10分間を使いNFUから学部、日本の流行についてプレゼンをさせていただいた。

感じたこと−

・以前WYMに参加していたレオさんが授業を進めていたことに驚いた。また私たちと会話をするときにも熱心に聞いてくださった。伝わらなくても恥ずかしがらずに積極的に英語をつかっていきたいと強く思った。

・フィリピンと日本の言語能力の違いは教育システムの問題か個人努力の問題か改めて考えさせられた。

 

 

 

<一日を通して>

 フィリピンと日本の学習意欲の違いはとても大きなものであり私たちも日本ではほぼ授業でのみで使われる英語だが、より熱心に学んでいかなければいけないと感じさせられた。現在大学に通えていることはとても貴重なものであり、学ぶことへの感謝の気持ちを忘れてはいけないと感じた。

明日はビーチ! 楽しみましょう!!

 

 

 

26()

 

 永井 樹里飛

 

 9:00 ホテル出発

 9:20 ビーチ(タリコッド島)到着

15:30 ビーチ出発

17:30 ホテル到着

 

<一日を通して>

 この場所でもサリサリストア以外で物を売る人達が多く見受けられた。やはり日本人などの観光客は買ってくれるとわかっているのだろうか。中には金銭を要求する人もいた。このような場合は断るのが妥当だという。お昼ご飯を買い乗船。初心者でも潜れる浅い海まで行き約30分程度説明を受けダイビング開始。海はとてもきれいでサンゴ礁などたくさんの海底植物が生息していた。

私たちがダイビングしたところでも810Mはあっただろうか。スタッフや先生の話によると20Mからはライセンスがいるとのこと。しばらくしてから初心者用のコースを離れ上級者コースへ。PM4時に終了しPM4:30到着。代金は体験ダイビングをした人は約1400ペソ(2500-2800)、それ以外は約500ペソ(800-1000)になった。日本と比べると遥かにお得な感じもするし、何よりも海がとてもきれいだったという印象がとても強い。タリコット島に来たら是非体験してほしいものだ。

 その後、ホテルへ移動。この日泊まったホテルはグランドリーガルホテル。ホテル内も部屋の内装もとてもきれいでWi-Fi環境も整っており居心地の良い場所であった。この日は疲れを取るためにダイビング以降はフリーとなっている。しかし、近くにモールもコンビニも無いのが難点と言える。

 夜、ミーティングを早めに終わらせ次の日に訪問予定のHouse of Joyでのアクティビティの練習をし、就寝。26日の予定がすべて終了。

 余談だがこの日はたくさんの問題があった。まず一つ目が機器の破損だ。船は大変強く揺れるためデジカメ、携帯などを落としやすく壊れてしまう危険があるため。カバーに入れるなど細心の注意を払う必要がある。二つ目はホテルについて。海外では予約した部屋と違う部屋、ワンランク質の悪い部屋に通されることが多々ある。チェックインの際に確認しておくことが重要だ。

 

 

27()

牧野 詩音

 

10:30 ホテル出発

13:00 大衆食堂で昼食

14:20 HOJ到着

17:45 夕食

18:30 歓迎会

20:30 ミーティング

22:30 就寝

 

House of Joyについて>

 1997年烏山逸雄氏によって設立された、ミンダナオ島にある孤児院。孤児院としてフィリピン政府の認可を受けており、現在37人の子どもたちが生活している。HOJに入ると、小学校、中学校に通い、10年間の公教育を受けることができる。また、社会の一員として生きていくために一人ひとりに役割を持たせ、責任をもたせるようにしている。

 

フィリピン政府の認可を受けるには、子どもの食事の面やソーシャルワーカーの有無など様々な条件を満たす必要がある。認可を受けていないと、誘拐として訴えられる可能性も。

 

〜スタッフのみなさん〜

烏山逸雄さん(HOJ創立者)  澤村さん    ジーンさん

岳さん            アイダさん(烏山さんの奥さん。HOJの院長)

レイアンさん                                    優さん   のりよさん    エルビーさん

HOJに到着

 HOJに到着すると、数人の子どもたちが迎えてくれた。

その後みんなで近くの市場へ買い物に行った。

右の写真は市場の様子。

 

 

 

夕食-

 夕食は烏山さんの奥さんであり、HOJの院長も務めるアイダさんが腕をふるってくださった!全部とてもおいしかった。

 

 

 

歓迎会

 歓迎会では、自分たちが練習してきた「WAになって踊ろう」と「風になりたい」を披露。最後には子どもたちも一緒に手をつないで踊った。

 子どもたちも、歌と踊りを披露してくれた。元気いっぱいに歌って踊って、私たちを迎えてくれたことがとても嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミーティング

 ミーティングでは澤村さんにいくつかインタビューを行った。

 

Q1. 子どもたちをどんなふうに連れてくるのか。

 近所の人から、虐待を受けている子がいる、などの情報がその村や町の代表者にいき、その代表が政府福祉局へ連絡し、福祉局が認可を受けた孤児院に連絡をする。近所付き合いが緊密なフィリピンのコミュニティだからこそできることでもある。

 

Q2. ミンダナオ島はムスリムが比較的多いが、イスラム教徒への偏見はあるか。

 実のところ、ある、とのこと。

 

Q3. HOJ18歳までだが、その後の子どもたちの将来は?

 HOJでは、きちんと学校を卒業させることを目標としており、たとえ年齢が18を超えてもきちんと卒業できるまで面倒を見る。また、卒業後の仕事を探す手伝いをしたり、18歳で高校を卒業できた子で、希望すれば大学進学の援助も行ったりしている。

 しかし、HOJを出たあと、集団生活からの開放感からハメをはずし、妊娠し、シングルマザーになる、という例も少なからずある。

 

Q4 HOJに来た当初の子どもたちの様子は?

 泣きながら、警戒しながら、または無表情か。明るい様子で入ってくる子は1人もいないという。泣きながら入ってきた子と、警戒しながら入ってきた子は、割とすぐに打ち解け、早ければ1,2日、遅くても1週間ほどで笑顔が出てくる。無表情の子は、前者の子に比べ精神的に抱えるものが大きいと考えられる。しかし、そういった子どもたちに対しても、先にHOJに入った子たちは積極的にはなしかけ、迎え入れる雰囲気をつくっている。それは、自分たちも同じ思いを経験しているからではないか、とのこと。子どもたちは明るく笑ってはいるが、過去に受けた傷は大きく、2,3年で癒えるものではない。

 

<一日を通して>

 子どもたちはみんな元気で明るいけれど、彼らの過去には私たちが想像もできないようなつらい経験をしてきているのだと痛感した。幸せってなんだろう、ということをリアルに考えさせられた1日だった。

 

 

 

 

 

 

 

2月8日(金)

山下 絵莉

 

 6:00 朝食

 6:50 子どもたちの見送り(小学校・高校)

 7:40 クリームシチュー作り 開始

12:00 昼食

14:00 バイバイバトバト村 訪問

17:00 夕食

18:15 子どもたちと映画鑑賞

20:30 ミーティング

 

<クリームシチュー作り>

前日にHOJ付近の市場で調達した野菜と肉を食べやすい大きさに切り、鍋で約1時間じっくり煮込んだ。60人分のシチュー作りは学生皆が初めての経験。包丁や皮むき器を使って一生懸命作った。施設のスタッフや子どもの手伝いもあり、時間内に完成させることができた。子どもたちは、おいしいといって食べてくれた。そして気が付くと鍋の前にはおかわりの列が!それを見たときは本当に嬉しく、人のために何かをする喜びを感じることが出来た。一つ後悔しているのは、クリームシチューの説明を子どもたちにしなかったことだ。クリームシチューとは何か、どうやって作ったのかを説明する必要があった。

 

<バイバイバトバト村>

1000人程が住んでいる(1軒に約10×100世帯)。知り合いや親戚ではないため近所同士という表現が相応しい。ほとんどの村人が漁師をしており1回の漁で約900ペソ分の魚が獲れるが船のガソリン代などを引くと600ペソ程の収入である。漁で獲れたいか等をダバオから買い付けに来る業者に売って収入を得ている。子どもたちの中にはHOJの支援で学校へ通っている子もいるが、ほとんどは経済的な理由から学校に通うことができていない。

 

 

 

 

2月9日()

 

久野 潤平

 

 6:00 朝食

 8:30 ノートプロジェクト開始 

10:00 相撲大会・落書き・ドレミパイプなど 子供たちと遊ぶ

11:00 昼食

12:30 レチョン作り

14:00 ウラワビーチ(サッカー・バレー・海で遊ぶ・楽器で遊ぶ・夜光虫観察)

22:00 ミーティング&就寝

 

一日を通して>

 まず、朝起きて子供たちの掃除を一緒に手伝った。それから、朝食を食べてからノートプロジェクトの打ち合わせをし、本番だった。ノートプロジェクトは成功だった。ノートという道具を使いながら必死に子供たちとコミュニケーションをとった。みんな笑顔で僕達の周りにきてくれた。その時のみんなの笑顔は、ずっと僕の中での財産となるだろう。ノートプロジェクトが終わったら、子供達といろんな遊びをした。その中でも盛り上がったのが、相撲大会だ!!子供たちは日本のことをよく知っている。次に、レチョン作りをした。丸々一匹の豚を生きているところから殺してしっかり血をぬいて、みんなで食べるというものだ。その光景は、とても凄かった。豚が殺されるところをみて、改めて食へ感謝をしなければならいと思った。

 それが終わってから、ウラワビーチという近所のビーチで子供たちと遊びにいった。ここでも、いろんな遊びをした。特に印象に残っているのが、サッカーだ。僕の特技や趣味であるサッカーが子供たちと全力でやれたことがとても嬉しかった。海外で僕の大好きなサッカーをすることは、僕の夢だったので、叶ったことが本当に嬉しくて、この先ずっと忘れることはないだろう。その後は、みんなで夕食を食べた。豚一匹をみんなで分け合っておいしく食べた。七面鳥もみんなで分け合って食べました。その夕食が終わった、こどもたちとお別れのパーティをビーチでした。みんなに向かって一言言うとき、なにを言おうと考え、咄嗟に出たのは、あなたたちと会えて本当に幸せだと言う言葉だ。本当に感謝の言葉しかなかった。子供たちと最後のダンスや歌を歌っている時、僕は泣いた。こんなに幸せな時間を作ってくれたのは、子どもたちとHOJ のスタッフだ!!本当に感謝の言葉しかありません。その後、子供たちとバイバイし、みんなで夜光虫観察をした。日本ではできない体験ができた。夜の海の中は夜光虫だらけで、本当にきれいだった。その後突然スコールが降ってきたが、雨宿りしても止まないためみんなでトラックの後ろに乗り、びしょびしょになりながら全力で歌を歌いながらHOJまで帰った。その後、急いでみんな風呂に入り、ミーティングをして、明日の準備をして、寝た。

 

 

 

 

 

2月10日(日)

三川 智衣

 

 6:00 朝食

 8:00 HOJ出発

10:00 空港到着

13:25 ダバオ出発

15:30 マニラ空港到着

15:40 ホテルへ移動

 

<一日を通して>

 いよいよお別れの日。子どもたちがみんな私たちの周りに寄ってきた。HOJに滞在した時間は短かったが、とても濃い時間を過ごすことができた。ノートプロジェクトなどを始め様々な活動を行ったが、それが子どもたちの心にずっと残っていってほしいと願っている。スタッフの優さんが、私たちが日本に帰ったあとフェイスブックで、「子どもたちが嬉しそうにノートを使ってくれている」と教えてくれた。とても嬉しいことだ。このように、活動をして終わりではなく、その後どうなっていくかということを見守っていくことが何より大切なのだと感じている。

 ホテルについてからは、次の日のICANのプロジェクト見学のために少しミーティングを行った。

 

 

 

 

211()

塚本 彩加

 

  7:45 ホテルの前までICANがお迎え

  9:15 日本人スタッフの田中さんが合流

  9:30 パヤタス到着、パヤタスの説明

10:15 2つのグループに分かれて家庭訪問

11:30 グループ同士で結果をシェアリング

12:00 昼食

13:00 協同組合(pico)のフェアトレード工場や薬局訪問、

     職業訓練校を卒業して自立した住民の職場訪問(美容院) 

16:00 反省会

17:00 ICANのプログラム終了

18:00 UPの学生とSMモールで食事

21:00 ホテル着

 

 

 

 

ICANについて>

ICANとは?】

路上の子どもたち、紛争地の子どもたち、ごみ処分場の子どもたち等の危機的状況にある子どもたちの悲しみや夢、そしてそれを取り巻く現実を、広く社会に伝えていくために活動する認定NPO法人。人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」 Not forthe People, but with the Peopleをモットーに活動している。

 

【パヤタスとは?】

1960年〜1980年代、マニラには巨大なゴミ山があり、そこの周りにはスラム街が広がっていた。太陽の光で発火し、煙をあげるゴミ山は次第にスモーキーマウンテンと呼ばれ、悪評を集めるようになった。スモーキーマウンテンが閉鎖されたのち、再定住地に指定されたパヤタス地区に多くの人が流出した。整備されていなかったパヤタスのゴミ山は2000年に大雨が原因で崩落し、200800人の人々が生き埋めになり亡くなった。現在は整備が進み、約2000人がゴミ山で廃品回収をして働いている。

 

 

 

 

 

 

【パヤタスで暮らす人々】

住民は25万人近く。1つの世帯に10人前後が生活している。ゴミ山で生計を立てている世帯は約30%。そのほかの方々はジプニーやタクシーのドライバー、大工などをしている。ケソン市の1日の最低賃金は446ペソ(850円)だが、多くの人が最低賃金以下で生活しており、パヤタスの住民は1日100~200ペソで生活している。

 昔はいつでも、だれでもゴミ山に入って働いてよかったが、今は組織化されている。ゴミ山に入って働けるのは原則17歳以上。登録した者だけが働くことができる。労働者はグループが分けられていて、シフト制で割り当てられた時間だけゴミを回収することができる。回収して得たお金はグループの人数で割られるので、昔は1人につき240ペソほどの収入があったが、今は100ペソほどまで減った。

 多くの子どもは学校へ通っているが、中には監視の目を盗み、ゴミ山で働く子どももいる。

 

【私たちが考えたパヤタスの課題】

・収入の限界

・パヤタス自体の限界(立ち退きへの不安から)       ICANも認識

・健康被害(臭い、空気、皮膚病、呼吸器疾患)

・コミュニティの問題(人々の支え合い、ネットワークはあるのか)

 

 【労働組合PICO

 2000年の崩落事故以降、パヤタスのお母さんたちが自立しようとICANとともに設立した労働組合PICO。はじめに取り組んだのは医療支援。薬局、クリニックの運営を行っている。また、正しい保健の教育、地域で助け合うために地域保険医の育成、チャイルドケアなどを行っている。一方青年の職業訓練を行ったり、SPNPという団体ではフェアトレードを通してパヤタスの人々のネットワークを築くだけでなく、個人のスキルアップを図っている。フェアトレードで得たお金は生産者に還元されるが、商品によって値段はバラバラ。

 

 

 

 

312()

土屋 珠美

 

11:20 ホテル出発

15:20 マニラ発

20:30 関西空港着

 

<一日を通して>

 マニラ空港までは、10日のタクシードライバーさんがまた空港まで送迎してくださった。荷物の重量が少し心配だったが問題なく飛行機に搭乗することができた。

 飛行機に乗ってからは1時間ほど離陸せず、到着予定が30分ほど遅れていた。10日間ぶりの日本は雨でも気温は6度。日本に帰ってきたんだなと実感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  8参加者 日記と写真

 

Philippine’s memory

-Julius-